Planet Yendot

June 26, 2016

kmuto

『Re:VIEW+InDesign制作技法』製本版完売御礼と電子版販売のお知らせ

昨日に技術書典委託ブースで販売した『Re:VIEW+InDesign制作技法』製本版は、開始17分で完売となりました(びっくり)。 お買い上げいただいた方々への大きな感謝とともに、当日購入できなかったという方々には残念な思いをさせてしまいました。

電子版の販路について検討中とこれまで申し上げていましたが、明日6月27日(月)、達人出版会さまを発行元として『Re:VIEW+InDesign制作技法』電子版の販売を開始いたします。


形式はPDFまたはEPUBで、製本版ではモノクロだった画面キャプチャもカラーで表現。PDF版はB5 180ページ、EPUBはリフロー型です。定価は1,500円+税となります。

試し読みは達人出版会サイトで公開される予定ですし、http://review.kmuto.jp/ の「素材を入手」からも本書の使用データのダウンロードおよび関連情報を得られます。

Re:VIEW、InDesign、JavaScriptを組み合わせた本格的な紙面を作る手法、自分のできる限りをもって書き記しましたので、ぜひご覧いただければ幸いです。

追記

販売を開始しました。序盤のサンプルも販売サイトに上がっておりますので、ご覧いただき、ご購入の判断の参考にしてくださいませ。

June 26, 2016 11:37 AM

June 25, 2016

mrmt

ハリーの災難

huluで視聴。

ヒッチコックのヘンテコサスペンス。観たのはおそらく三十何年ぶりぐらいで、筋は全く忘れており、はらはらしながら (というより、イライラしながらw) 楽しんだ。

映画というよりもお芝居で見てみたい一本。

ハリーの災難 The Trouble with Harry (字幕版)

ハリーの災難 The Trouble with Harry (字幕版)

  • アルフレッド・ヒッチコック
  • コメディ
  • ¥1000

ハリーの災難 [Blu-ray]

ハリーの災難 [Blu-ray]

 

June 25, 2016 10:00 PM

グリーン・ゾーン

huluで視聴。

監督がポール・グリーングラス、主演がマット・デイモン。一連の「ボーン・シリーズ」でおなじみの、満足度高いシリアス風味のスリラー・アクション映画を創りだしてきた組み合わせ。
なのだが、それぞれのキャラクターの立ち位置や筋の流れががふわっとしていて、本作はそこまででもなかった。完成度中途半端。

グリーン・ゾーン Green Zone (字幕版)

グリーン・ゾーン Green Zone (字幕版)

  • ポール・グリーングラス
  • ドラマ
  • ¥1000

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]

 

June 25, 2016 02:00 PM

June 24, 2016

masy

6月24日のツイート

なるほど! そりゃ、スマホアプリ側で録音とかできないわけだ。 自分は録音するつもりはないからいいけど、レビューにてそういう要望をいくつか見かけた。 twitter.com/ikmultimedia_j…

posted at 16:38:05

RT @ogasawarashicho: 【自然情報】1997年から小笠原への架け橋となった2代目おがさわら丸。その最後の入港に立会ってきました。真っ青な晴天が20年間の活躍をねぎらっているようで、素敵な日でした。2代目、お疲れ様!<父島R> pic.twitter.com/X5sVc1Hnc7

posted at 09:43:43

June 24, 2016 06:33 PM

June 22, 2016

masy

6月21日のツイート

なんか家で酒呑んでる時とか様に、ヘッドフォンで使えるギターアンプほしいなぁと思い続けていたんだけど、iRig UA がサウンドハウスで6千円くらいだったから、つい勢いで買ってしまったw www.soundhouse.co.jp/products/detai…

posted at 23:03:24

June 22, 2016 10:33 AM

June 21, 2016

knok

Nexus5の電源周りで故障っぽい挙動と復旧まで

先週末、Google Play版Nexus5が使用不能に陥りました。最終的に復旧 … Continue reading

June 21, 2016 05:58 PM

June 19, 2016

mrmt

MacBook 12インチはフレットレスギターの難しさ

SXSW 2016に行くのをきっかけとして、いわゆるMacBookも仕事で使っている。
12インチの、薄くて小さくてUSB-C端子だけが付いているあれだ。

f:id:mrmt:20160314125105j:plain

APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Intel CoreMプロセッサ/12型/8GB/256GB/USB-C/ゴールド) MK4M2J/A

APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Intel CoreMプロセッサ/12型/8GB/256GB/USB-C/ゴールド) MK4M2J/A

 

なかなか悪くはない。が、メインの生活の伴侶にはちと難しい。

(入れ替えのため、MacBook 12インチ, MacBook Pro 13インチ Retina, MacBook Pro 15インチ Retinaを重ねたところ)

f:id:mrmt:20160615145750j:plain

いいところ

画面がきれい。擬似解像度1440x900で使ってますが、最近視力が落ちてきた僕でも鮮明で見やすい。本体スピーカーの音もいい。

軽くて小さい。普段使いのバッグにもすっと入る。
「パソコンを持って行くんだ」という意識なしでも持ち運べる。これはいい。

トラックパッド。例のtaptic engineによるクリック感の演出は本当にすごい。あのカチリ感は、本当に物理的に何かを押しこんでるようにしか感じられない。

許容できるところ

わかっちゃいるけど、入出力端子がUSB-C端子ひとつ (と、ヘッドフォン端子) しかない。

しかし、本体に通常のUSB端子だの、HDMI端子だの設けていたら、この小ささと薄さとバッテリ容量は確保できなかっただろうなあ。本体に端子を設けたら、その穴の部分だけじゃなく、その端子を受け入れる臓物部分も本体に収容するメカとして容積を食ってしまうわけだし。MacBookの設計者は、この薄くて小さい本体の内臓は、隅々までバッテリーで満たしたかったんだろうなあ。

アダプタ類はこのへんを手配して揃えた。VGA変換, HDMI変換アダプタはサードパーティー製のこれで全く申し分ない。あと実際にはVGAアダプタは一度も使っていない。さすがに今はもう2016年だった。世の中すべてHDMIになっていた。

f:id:mrmt:20160225114240j:plain

Qtuo 2015新型Macbook対応 HDMI変換アダプタ USB 3.1 タイプC to HDMIアダプター Apple 12インチMacbook 対応

Qtuo 2015新型Macbook対応 HDMI変換アダプタ USB 3.1 タイプC to HDMIアダプター Apple 12インチMacbook 対応

 

Qtuo メッキコネクタ タイプC Type-C USB 3.1 オス→VGA 1080P メス アダプター ケーブル 2015年新型12インチMacbook専用

Qtuo メッキコネクタ タイプC Type-C USB 3.1 オス→VGA 1080P メス アダプター ケーブル 2015年新型12インチMacbook専用

 

この小型ハブはなかなか優れもので、小さいながら役立つ。
ただ、差し込んだときの確実感は割と控えめで、ぐらぐらする。
SDカードも先端の端子部分しか入らず、うっかりしているとすぐ抜けそう。
あと、使ってるとかなり熱くなる。

Satechi® 新12インチMacBook用 Type-C USB3.0 3in1 コンボハブ (Type-C 充電ポート付き) (スペースグレイ)

Satechi® 新12インチMacBook用 Type-C USB3.0 3in1 コンボハブ (Type-C 充電ポート付き) (スペースグレイ)

 

いまいちなところ

片手で開けられない。一緒に暮らしてみると、結構感じるデメリットだ。

MacBook Air 11インチや13インチ, MacBook Pro 13〜15インチとかなら、閉じたところを片手で指でぱっと開けられる。そりゃそうだ。というか、いままで片手でぱっと開けられないノートPCというものはなかった。東芝Libretto 20ですら。

MacBook 12インチは、片手で開けられない。
開け口のところを指で引っ掛けても、本体があまりに軽いので、開くのではなく、MacBook全体が持ち上がってしまう。諦めて両手で開け口をつまんで開けることになる。

両手で開けりゃいいじゃないかって?
すでに両手はMacBookとiPhoneとコーヒーでふさがってるし、1秒でも早くぱっと開けて、打ち合わせなり何なり始めたいでしょ。MacBook 12インチはヒマな奴向けのものじゃないはずだ。

結構遅い。わかっちゃいたけど、Chromeでタブをいっぱい開いて、PhotoshopとIllustratorも同時に使うような生活のためのものではない。
かつ、使い込んでいると, /var/log/system.log にtemperatureが上がってきたので動作をボチボチにするねー といったログが出てくる。ちょっとGoogle Glassっぽいね。

キーボード。慣れが必要だ。
どの指がどのキーにどう載っているかの感覚がとても薄いからだと思う。

おそらく、常時ホームポジションに指が乗っているなら、さほどタイプに不便はない。ただ現実問題、カーソルキー操作やさまざまな要因で、指はしばしばホームポジションを離れる。そこからすっと指を戻すとき、指はおそらく無意識に、FキーとJキーにある突起や「キーの間の間隔、へこみ」を頼りにしている。
このMacBookは、キーとキーの間隔が極めて狭いうえに、キーの高さもほぼツライチといっていいぐらい低いので、ぶっちゃけ「キーの間の谷」が狭くて薄い。これが、ボディーブローで、ホームポジションへの指の復帰を頼りなくしており、ミスタイプを招く。つらい。

楽器で言うなら、フレット付きのギターやベースよりも、フレットレスのほうがはるかに難しいのではないか。バイオリンや三味線もそうだね。あるいは、明確な音階ボタンのある鍵盤楽器よりも空中の距離が音階となるテルミン。12インチMacBookでのタイピングは、ややそういったものに近い。キーとキーの間の明確な間隔は、タイピングにおいて結構ものを言うんだなと再認識した。

カーソルキーは、確かに上下が押しづらい。
左右キーを他のアルファベットキー同様に大きくしたせいで、カーソル上下キーへの手探り性が落ちたうえに、上に述べたようにキーボード全体が「フレットレス」に近いので、なおさら手探り性が悪化している。そもそもカーソルキーなんて、タイピングのホームポジションもへったくれもない邪悪なものだ。コンピュータのUIにおいて、カーソルキーはいまやマウスの次に邪悪なものじゃないだろうか。

 

といいつつ、MacBookのキーボードは、まだキーの数だけハードウェアが付いている。

タッチパッドが「動かない板+taptic engine」になったように、キーボードもいつかtaptic engineになるかもね。Appleはこんな特許もちゃっかり出しているし。

June 19, 2016 07:18 PM

June 18, 2016

mrmt

エクスペンダブルズ2

huluで視聴。てんこ盛りのお気楽ミリタリーアクション。

主演のスタローンに、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、敵の悪いやつがジャン=クロード・ヴァン・ダム、そしてあとは味方側のオマケにブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー、そしてなんとチャック・ノリスまで。全員出ました。

ブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガーのいい感じのオマケ感はなかなか楽しい。みんなお約束の決めセリフを、自分で、あるいは交代で喋ったりする。シュワルツェネッガーが何度もI'll be backと言うので、ブルース・ウィリスに「お前、戻りすぎだ」と突っ込まれるのはかなりおかしい。チャック・ノリスなど、御大自ら「チャック・ノリス・ファクト」を語ったりする。

ポテチを食いつつ、ペプシを飲みつつ、ときどきゲップもしながら楽しく見るのに一番。

エクスペンダブルズ2 (字幕版)

エクスペンダブルズ2 (字幕版)

  • サイモン・ウェスト
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥2000

エクスペンダブルズ 2 (期間限定価格版) [DVD]

エクスペンダブルズ 2 (期間限定価格版) [DVD]

 

June 18, 2016 06:00 PM

トランスポーター

huluで視聴。

映画が始まってすぐ、あぁこれリュック・ベッソン製作なのかぁ… と半分あきらめモードになる。リュック・ベッソンのすべてがダメというわけではないが、TAXiシリーズは生理的にあのチャラさが受け付けない。本作は、TAXiシリーズをもう少しオトナ路線に振ってみたバリエーション企画なのかなぁ… と思い、果たしてその通りだった。

脚本や劇伴の安さ、チャラさがつくづく残念な一本だった。ジェイソン・ステイサムは好きな俳優さんなので、ほぼ彼のみを楽しんだ。

トランスポーター(字幕版)

トランスポーター(字幕版)

  • ルイ・レテリエ
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥1000

トランスポーター (字幕版)

トランスポーター (字幕版)

 

June 18, 2016 03:00 PM

June 17, 2016

kmuto

同人誌を作ってみた『Re:VIEW+InDesign制作技法』 制作話(3)

引き続き

宣伝

在庫になってもはなはだ困るし、ネットでの宣伝は今後著者・編集者として重要な仕事の1つになると感じているので、完売させるべく宣伝活動をする。

ネット上での告知にあたって、ポスターに相当するランディングページを用意することにした。仕組みには一度使ってみたかった「でんでんランディングページ」を採用した。

最初Tumblrと組み合わせてどう使うかわからずとまどったのだが、要するにTumblrのコンテンツは無視して、レイアウトで全部を表すようになっているわけだ。ランディングのパターンはセクションの豊富さに比例して軽量・通常・増量と取り揃えられているが、細かな事柄はGitHub等に送るようにして、一番簡素な軽量版を適用する。

ランディングページの基本デザインは、本当に「プロの犯行」とも言うべきもの。画像と文章を少しあしらうだけで、とてもカッコイイページができあがる。


構築はだいぶ前に済ませていたものの、早すぎず・遅すぎずの公開タイミングを考え、5月31日の14時頃に発表。

はてなブックマークはページには付けていたけれども、まったく伸びず。

反応からすると委託上限まで部数を乗せてもよかったかもしれないけれども、見積り確定していたこともあり、現状部数のまま進めることにした。ただ、売り切ったときの対応を真剣に考えていく必要があると判断。電子版をまじめに検討し始める。

表紙・背・裏表紙の作成

表紙まで本職デザイナーに頼むとさすがに謝礼品程度では無茶で、フルコースかヴィンテージが必要になってしまう(笑)。くるみ印刷(表紙・背・裏表紙を横長の1枚に印刷して、それで本文紙をぐるりと包む)の表紙を自分でちゃんと作ったことはなかったので、この機会に挑戦してみることにした。

写真については先に記事にしたとおり、@fjtさんからデータをいただいた。CMYK色変換・サイズ調整・トリミングのほかは元写真そのまま。

書名を決めたのも表紙を作っているときだったという記憶。

背は192Pぶんの見積り時に問い合わせて9.6mmで仮に作成。その後、最終176Pになって8.8mmに変更した。背の上に黒い帯を入れるのはオーム社さんの本でそういうのがあって引き締まってカッコイイなと思って真似したのだけれども、これはオーム社の@hmoritaさん流らしい。

文字のバランスや色合いについては、オーム社や翔泳社の装丁を参考にしつつ、パートナーからいろいろと意見を言ってもらって取り入れている。

裏表紙が少し寂しかったので、商業書籍であればISBNバーコードがある位置に、サイトのQRコードをあしらってみた。いい感じ。


ちなみに、Illustratorで大きなアートボードの上に表紙〜裏表紙を置いたあと、「トリムマークでトンボを付ける」という行為は悪手、とDTP勉強会で聞いた。そうやって付けたトンボは「トンボに見えるような何か」であって、印刷所で作業し直しが発生してしまうらしい。アートボードを仕上がりサイズにリサイズし、トンボはIllustratorのPDF出力時設定で付けるのが正しいそうだ。

電子版

来週には正式に発表できると思うが、電子版販売の出版契約書を先ほど送ったところ。PDFとリフローEPUBで販売予定。刊行日はまだ明言できないけど、鋭意準備中。

比較製本版電子版
在庫刷り部数限り(会場オンデマンド印刷の可能性はあるがボリューム的に高額になる可能性)潤沢
紙面モノクロカラー
重量377g0g (表示装置含まず)
表紙カラーPPグロス加工カラー高画質PDFまたはJPEG
背表紙ありなし

正誤表に上げているものと、いくつか文言まわりの修正を、電子版では反映している。

続く、かも。ひとまず、25日をお楽しみに。

June 17, 2016 02:20 PM

June 16, 2016

kmuto

同人誌を作ってみた『Re:VIEW+InDesign制作技法』 制作話(2)

引き続き

コンセプト

ターゲットは次のように設計(おおむね上にあるほうが主)。章単位で読み切れるようにして、個人でも業務でも使えるようにしてみた。

最後のは、一応これでご飯を食べている身としてはコンペを作ることになるわけで、受注が減るリスクはある。ただ、この点については会社とも話し合い済みで、Re:VIEWがそこそこ認知を得た今では、「Re:VIEWだと1社に束縛されちゃうのがちょっと……」という版元さんの懸念とか、「Re:VIEWでせっかく書いたのに編集DTPの従来工程でガッカリに」という著者さんの悲痛な声などが耳に入るようになってきており、技術公開をすることで裾野を広げていく方向にしたほうがよいという決定をしていた。

紙面デザインを本職のデザイナーに頼んだのは、自分にはそのセンスがないというのもあるのだけれども、

という意図が込められている。

印刷所選定

電子版を作ることは業務でもやっていることで新味はないし、表紙や印刷所交渉を含めてチャレンジしてみたかった。

あまりにコストがかかるようであれば諦めるところだったけれども、いくつか同人誌系印刷会社のオンデマンド印刷での簡易見積りを見て、そう無茶な額ではなさそうと判断。運営さまから委託販売の確約をいただいたので、正式に製本版で出すことを決意した。

複数の印刷所をネットでみつくろってみる。条件は以下のとおり。

やりとりを経て、PrintBookWayというサービスを運営している小野高速印刷株式会社さんにお願いすることに決定。金額はもう少し安いところがあったものの、反応が早く、手頃な上質70kの用意があり、基本仕様がわりとリッチだったのがポイント。

最終見積り時に、表紙・裏表紙と本文サンプルのPDFを送って印刷に問題のありそうな箇所がないか確認してもらったところ、その出力見本をすぐに郵送をしてくれた。サンプルのPDFはトンボ付きX-4 CMYK(本文はK1色)でメール入稿。

……自分、正直、オンデマンド舐めてた。品質にちょっと感動した。

表紙はグロス(光沢あり)PP加工で依頼予定だったが、念のためということでマット(光沢なし)PP加工のバージョンも同封してくれていたので比較。


マットは商業書籍っぽい余裕と落ち着きがあるが、派手さではやはりグロスが勝る。そもそも同人誌でPP加工はやりすぎではという説はあるが、職業病でな……。

本文紙面の紙厚は目論見どおりで、厚すぎず、透けすぎもせず、細かな部分の表現も綺麗にできていた。粗探しをすれば、少し黒が濃く出るかな、アミ部分はわずかに揺らぎがあるかな、というくらい。トンボ付きで入稿したことで、フチまで綺麗に印刷されている。

品質に満足し、最終の入稿仕様は次のとおりとなった。

すでに同人誌レベルじゃない気がしている。

価格設計

趣味の範ちゅうで利益を求めているわけではないけれども、印刷・製本という業者を利用する時点で費用はそれなりにかかることになり、その費用回収くらいはさすがにある程度させてほしい。

オンデマンド印刷の場合、ページ数や部数を増やすとそのまま積算されていくので、オフセット印刷のようなスケールメリットは薄い。無論、オフセット印刷のほうは最低部数も費用も大掛かりすぎるので、考慮の余地はない。

本文は176Pでまとまる目途が立ったので、ほかに価格に響くのは部数である。スケールメリットがないと書いたが、実際にはオンデマンドでも部数が多ければ割引が効いて少しはスケールメリットになる。ただし……

ということを踏まえて、部数は上限部数よりもやや少なくし(売れ残るリスクと、普通の同人誌よりも書籍サイズがスペースを食うための遠慮)、自身の確保ぶんも最低の献本数のみに留める。

少部数のため、印刷原価は1冊あたり1,300円弱。消費税が痛い。

このほかの費用としては、

などがある。

当初は委託については500円か1,000円という枠組みしかなく、これだと1冊ごとに赤字幅が膨らんで死んでしまうので、運営さまに泣きついて500円単位の任意価格設定に変更いただいた。

諸経費の回収も考えると、本来の値付けは2,000円〜2,500円の範囲だろうか。

とモヤモヤと考えた末、定価2,000円、ただし技術書典特別価格として「1,500円」に決定した。世の中の版元編集者はこういう思いをしながら価格設計しているんだなぁ、という感慨。

(謝礼品を除いた)諸経費と献本ぶん減益を入れると仮に全部掃けたとしても赤字だけれども、自分としてはとても良い経験だったので許容範囲(投げ銭、Amazonギフト券は歓迎(笑))。

とはいえ、今後増刷してほかの箇所への委託を仮に計画するとしても、特別価格ではもう無理なので、その点は少し禍根になるかもしれない。

続く

June 16, 2016 01:47 PM

June 15, 2016

kmuto

同人誌を作ってみた『Re:VIEW+InDesign制作技法』 制作話(1)

製本も無事届いたので、(ここからの発送事故やイベントの突然の中止といった不測の事態がない限り、)『Re:VIEW+InDesign制作技法』を6月25日、技術書典の委託ブースにて販売できる運びとなりました。完売できるといいなぁと祈っています。


何かの参考になるかもしれないので、制作裏話をまとめていこうと思います。

動機
進行
執筆スタイル

目次構成についてはあまり悩まず、書くべき内容はおおむね頭の中で構想できていたので、まず各章のreファイルを用意し、そこに埋めるべき項目を箇条書きで書いておいて、それを順に埋めていくようにした。

少し入れ替えたり、「これを深く書いてもページ数が増えるばかりでしょうがないな」と思った箇所はバッサリ削除したりしたけれども、骨格の説明順序は原案そのままとしている。

執筆はDebian上のEmacs+SKK。

草稿が完成したあとにJust Right!で表記揺れなどを確認し、RedPenも使ってみた。推敲は紙のほうがやりやすいので、初校のPDFをUSBメモリに入れて、セブンイレブンでB4見開き印刷をして赤入れし、結果をreファイルに戻すようにしていた。

Debian徹底入門だと書くために大量の調べ物が必要で、そうしているうちに辛い仕事が入って中断、なんとか抜け出た頃には疲弊してモチベーション死亡、ということの繰り返しで未だに進めない状態にあるのだけれども、今回は熟知している内容をとりまとめる短期間集中執筆だったのと、たまたま重い仕事が入らなかったことで、完成にこぎつけることができた。締切ドリブン重要。Debian徹底入門も1章単位ずつで出版するつもりで書けばなんとかなるのかな……。

協力依頼

自身ではできないところについては、友人たちの協力をいただいた。

続く

June 15, 2016 01:59 PM

June 09, 2016

knok

Recurrent Convolutional Neural Networks for Text Classificationを実装した

RNN/LSTMでテキスト分類をしたいと思い、まず自分でネットワーク構造を考えて … Continue reading

June 09, 2016 04:32 PM

masy

6月8日のツイート

最近の(安価な)インクジェットプリンタって、どれも手差しトレイに1枚しか刺せない仕様なのかしら? 宅配便の伝票出し用に使うプリンタなので、安価な4色インクのやつを適当に探せばいいかなぁとか思ったら、意外と難しい気がしてきた。 うーん、数年前の型落ちを探すしかないのかなぁ?

posted at 18:34:47

RT @fjt: 今日はこどもに式とは何であるかを軽く説明した.つまり, + は二つの数を一つの数に変えるもの. = は両側にくるものが同じである,という文章を作るもの.だから3+4=7は文章だ. というような話だ. 俺が小学校の算数で最初に聞きたかった話だった.

posted at 15:48:59

June 09, 2016 02:03 AM

June 08, 2016

mrmt

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

huluで視聴。

実在の詐欺師の自伝を元にした映画。原作(主人公である詐欺師)はフランク・W・アバグネイルという人。主演はレオナルド・ディカプリオ。彼をまったりと追いつめるFBI捜査官を演じるのはトム・ハンクス。
監督はスティーヴン・スピルバーグ。ときたら制作はアンブリン・エンターテイメントで配給はドリームワークス、音楽はもちろんジョン・ウィリアムズという安定の布陣。

傑作! の手前ぐらいの、結構いい感じの一本でした。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版)

  • スティーヴン・スピルバーグ
  • コメディ
  • ¥1500

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [Blu-ray]

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [Blu-ray]

 

June 08, 2016 02:00 PM

masy

6月7日のツイート

RT @mikanchan_to: 中央郵便局から電話があって、荷物が配達されないで戻って来てるのでそちらの名前を教えてくれ、と。おかしいと思った母がどこからの荷物なのか尋ねたら電話を切られたらしい。最寄りの郵便局に電話してみたら最近そういう電話が増えてるそうです!私は知らなかったけど皆さん気をつけてー!

posted at 14:11:19

June 08, 2016 02:13 AM

June 04, 2016

mrmt

ドラゴン・タトゥーの女

huluで視聴。結構よかった!

監督はデヴィッド・フィンチャー。実は初監督作「エイリアン3」(1992)のころから好きです。音楽はTrent ReznorとAtticus Rossのコンビで、フィンチャー監督の前作「ソーシャル・ネットワーク」と同じ。タイトルバックもすごくよい。タイトルソングはツェッペリンの「移民の歌」をReznor/Rossが解釈したトラックで、この組み合わせがむちゃくちゃイイ。

主演はダニエル・クレイグ。過去の犯罪を調べて追い詰める手負いの記者の役にぴたりはまっていて素晴らしい。

加えて、この「ドラゴン・タトゥーの女」こと天才メンヘラ女を演ずるルーニー・マーラもとても良い。強くて凄くてイタい女の子という尖りまくった役なのだけど、そういえばこの人は「ソーシャル・ネットワーク」にも出ていた。
そっちでは(映画「ソーシャル・ネットワーク」の劇中人物であるところの)マーク・ザッカーバーグを振った元カノを演じていて、ナードすぎる男の子には付いていけないわ! という、優しくも常識的な自分を守る役だったから、本作の主人公とは大違い。本作では、結構エグいシーンも含めて映画の芯をしっかり演じていたから、才人な役者さんなのだろう。この人の主演作は今後も観ることにしよう。

ドラゴン・タトゥーの女 (字幕版)

ドラゴン・タトゥーの女 (字幕版)

  • デヴィッド・フィンチャー
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥1000

ドラゴン・タトゥーの女(2枚組) [Blu-ray]

ドラゴン・タトゥーの女(2枚組) [Blu-ray]

 

June 04, 2016 04:00 PM

masy

6月3日のツイート

@yuki_yukihana どうにもならなくなったら、呑みながら待ってればいいんじゃないですかね?帰ってきたときに、正常な意識を保っていられるかどうかは分かりませんが。。。

posted at 15:48:44

June 04, 2016 02:33 AM

June 02, 2016

masy

6月1日のツイート

@nikunoki なんか名古屋っぽい。。。

posted at 15:50:52

June 02, 2016 02:43 AM

May 27, 2016

mrmt

ユナイテッド93

huluで視聴。相当に良かった。

米国同時多発テロ、いわゆる9/11事件では、4機の旅客機がハイジャックされた。
映画のタイトルになっているUnited 93は、ハイジャックされた4機のうち唯一「目標」に達して突っ込むことなく途中で墜落した飛行機で、登場していた旅客がテロリストに機内で立ち向かい、テロ達成未遂に終わらせたのではないかと言われているものだ。
この映画は、そのユナイテッド93便の、離陸ちょい前ぐらいから墜落の瞬間までを、なるべく忠実に追ったノンフィクション映画。

大変に淡々としている。余計な映画音楽も入らないし、いわゆる有名俳優も出てこない。アメリカの、日常の、朝の空港の風景、乗客たち、管制官たちの淡々とした様子から入ってくる。

これがもう、淡々としているだけに、恐ろしい。事実の持つ重みがじわじわ伝わってきてたまらない。多少の離陸遅れトラブルはあったものの、飛行機は朝の混んだ空港から飛び立っていく。この全員が助からない。このあと全員が死ぬんだと観客は知っている。だから怖さが半端ない。

この映画、画の自然さが半端ない。余計な音楽や演出が一切ないことに加え、すべてが手持ちカメラで、自然にブレている。といって不快な見心地というのではなく、とても自然だ。
あれっと思って監督をみたらポール・グリーングラスだった。ボーン・アイデンディティなどボーン・シリーズのカメラの自然さ(と、カット割りの細かさ)は実に素晴らしく、どれも10回ぐらいは見てしまっている。特段の音響や効果に頼るのではなく、じわじわ、じわじわと盛り上がり、緊迫していく。これは、1カットずつじっくりと見返して鑑賞もしてみたい一本だ。

加えて素晴らしいのが、テロリストの4名がとことんビビっていることだ。冷静沈着な悪の権化とは程遠い。明らかにビビり、慌て、落ち着こうとし、手が震え、顔もシャツも汗をかき、泣きそうである。切ない。大変切ない。せつないからこそ、何だって一体お前らこんなことするんだよ… という切なさと無常さが、最後の最後の、陸地がコクピット正面に迫る直前まで、続く。

これは、淡々と重い、かなりの名作だ。淡々と向き合って鑑賞していただきたい。

ユナイテッド93 United 93 (字幕版)

ユナイテッド93 United 93 (字幕版)

  • ポール・グリーングラス
  • ドラマ
  • ¥1000

ユナイテッド93 [Blu-ray]

ユナイテッド93 [Blu-ray]

 

May 27, 2016 11:00 PM

May 25, 2016

mrmt

New Order来日 (新木場STUDIO COAST)

29年ぶりのNew Order単独来日。もちろん行ってきた。

29年前のFM東京主催の来日は、なぜか見切ってしまった。
当時はライブ・バンドとしてのNew Orderにはそれほど魅力を感じていなくて、加えてあの唄と演奏のヘタクソさが、金を払って足を運んで見るべきものかどうか… という迷いだった。

だが、のちにFMで当日のライブ収録を聴いて、想像以上のバーニーの唄のヘタクソさ、そしてアンコールが終わり客電もついてオーディエンスが帰り始めたころ「どうも納得いかない」と再度ステージにあがり大混乱となったという伝説の公演。その一部になれなかった後悔はその後も続いていた。

なにしろ「もうやめろ」とオフィシャルやスタッフから制止されての公演終了だったらしい。のちの 'Crystal' のプロモビデオを地で行く騒動だったようだ。

新木場のSTUDIO COAST.

チケットは、予約開始日がどうにも忙しくて結局買えず、その後チケキャンで購入。ってわざとらしい自社サービスの宣伝みたいだけど、ほんとなんだもん。

f:id:mrmt:20160528151710j:plain

 

当日のDJは石野卓球。開演時刻から数えても1時間ほど演ってた。

「そろそろ始まるかな…」ぐらいのタイミングに「あの16分バスドラ」をぶつけてきて、一瞬大歓声でアガるオーディエンス。

f:id:mrmt:20160525185823j:plain

えっここで本歌取り?… いやそれは… 卓球だから何か企んでるのでは… たぶんこれはアレではなくてきっと… と思っていたら、案の定Blue MondayではなくてDivineのLove Reactionだった。素人かどうか、試される流れ。

バーニー自身も、すごくノリがいいときは自分たちのライブのBlue Mondayで 'Love reaction♪' とか歌うぐらいだから失礼にはあたらないだろう。そんなこんなのセンスよく時に下品な感じで、20:00ごろまで卓球が回していた。

 

1曲目はSingularity. 今回はMusic Complete Tourと銘打たれているので、最新アルバムMusic Completeからのナンバーと、古めの曲と交互に演奏する流れだった。

ギリアンが復帰しているのもすごくうれしい! もうすっかり、堂々たるオバサンだが!

あと、スティーブがシンバルに隠れて全然顔が見えない!

f:id:mrmt:20160528154758j:plain

最新アルバムはMute移籍! ケミブラ参加! と大期待してたのけど、聴いてみたらつまらなくて、途中でギブアップ。結局全曲通しで聴くことがいまだにできていなくて、曲名と曲は一致しない。でも体力的に、アガる古めの曲と、どうでもいい最新アルバム曲とが交互にきて、休憩が挟めるので便利w Apple Watchをしているので、フロアの前列殺到オーディエンスの中でもメールなどチェックできていい。

セトリはこんな感じ。

やっぱりRegretとかあがる。会場は20代はあまりいなそうで、30代から40代がメインかな。全員、のどが涸れるまで、乳酸が出尽くすまで、声と体がとまらない。Crystalはキター感が高すぎて気絶。「ちょっと古い曲なんだけど…」と1963で号泣。

f:id:mrmt:20160528154832j:plain

そして、Temptationはそんなに好きな曲ではなかったんだけど、ライブではすごくいいってことがわかった。演奏がというより、オーディエンスが参加できる一体感がすごい。うーううううー、up, down, turn around, please don't let me hit the ground, tonight I think I'll walk alone and I'll find my soul as I go homeと数千人で朝まで飛び跳ねて絶叫していたい感。

アンコールはお約束のBlue Mondayと、そしてLove Will Tear Us Apart.

f:id:mrmt:20160528155846j:plain

f:id:mrmt:20160528155900j:plain

f:id:mrmt:20160528155853j:plain

f:id:mrmt:20160528155856j:plain

うぉぉ

でもって、サビ前になると JOY DIVISION FOREVER とか出るんだもん。ちょっとエグすぎかな、でもいいや、

f:id:mrmt:20160528160108j:plain

うぉー

f:id:mrmt:20160528160111j:plain

みごとにコンテンツになったね! イアン!

というわけで、思ったよりもすごく楽しめる「興行」だった。

残念なところがあるとすれば、ベーシストにほとんど光があたっていなかったこと。

たしかに、フッキーのいないニュー・オーダーは寂しい。きょうの演奏曲でも、Crystalのサビ後で、そしてPerfect Kissのサビメロで、そしてエンディングで、フッキーのあの、高音部でメロディーやリフを奏でる「テンテテ節」が聴けないのはとても寂しかった。

でも、仮に演奏しているのがフッキーじゃないとしても、サビメロ的なもののかなりの多くを実はベースで演奏しているという (逆にフィンガリング・ベースに聴こえるものがバーニーのギターだったり)、ニュー・オーダーの極めてユニークな特徴のひとつに光が当たらないのは残念なことだ。フッキー亡き後のベーシスト、トム・チャップマンには、仮にステージ前方に出てきたときにでさえ (おまけに、サビメロを弾いてるときでさえ!) スポット類が当たらない。ここにフッキーがいたらなぁという想いは誰にも負けないが、でも頑張っているトムと、このニュー・オーダー独自のアーキテクチャを前に出さなくてどうするんだ。残念。

f:id:mrmt:20160528161839j:plain

バーニーはかなり歌が上手になっていた。どういうメロディを歌っているのか、明瞭にわかるw でもWaiting For The Sirens Callあたりだとまだあやふやで、やっぱり、出たばっかりの、まだ10年ぐらいしか歌ってない歌だと、まだ上手には歌えないんだなー、と、ライブ終わって飯を食いにいった、同じく30年以上New Orderを聞いてる仲間数名と意見が一致した。

ともあれ、バーニーは「自分のヴォーカルもいまいちだが、それでもバーニーよりは絶対にうまいはず」という自信を誰にでも持たせてくれた素晴らしい人だ。

それに加えて、もうひとつ素晴らしさに気づいた。
今回彼が着ていたのは横にNEW ORDER、縦にニューオーダーと(カタカナで)書かれたTだったんだけど、「あっ、あれいいな欲しい!」「でも俺が着ても似合わなそうだな…」と思った。
しかし! 昔はハンサムで痩せていた彼の、いまの堂々たる体型はどうだ! 完全に、デブの、面倒くさそうなジジイである。そんなバーニーが、ギターなしでふらふら踊ったりしている。「自分の体型もかなりダメだが、バーニーよりはましなはず」という気持ちも持てて、家路についた。

May 25, 2016 10:00 PM

May 24, 2016

masy

5月24日のツイート

RT @tochokankyo: 【報道発表】小笠原諸島聟島と嫁島で5月にアホウドリのヒナがそれぞれ巣立ち、繁殖の成功が確認されました!同事業開始後のアホウドリの繁殖成功は3例目です!www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/… pic.twitter.com/ncvTqsCQGa

posted at 13:51:06

May 24, 2016 02:23 PM

May 20, 2016

mrmt

ジャッカル

huluで鑑賞。

これまさか「ジャッカルの日」のリメイクじゃないだろうな? と思いつつ観ていたが、やはりそうで、しかし原作とあまりにかけ離れているので、原作者フレデリック・フォーサイスからも、映画「ジャッカルの日」監督ジンネマンからも襲名を拒否された一作だった。映画「ジャッカルの日」も、原作からかけ離れた雑な一本だったけれども。

かなり粗い脚本で、しかしお馬鹿映画として楽しめるような味付けでもない。ブルース・ウイリスもリチャード・ギアも残念。

ジャッカル(字幕版)

ジャッカル(字幕版)

  • マイケル・ケイトン=ジョーンズ
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥1500

ジャッカル デラックス版 [DVD]

ジャッカル デラックス版 [DVD]

 

May 20, 2016 11:00 PM

May 19, 2016

masy

5月18日のツイート

法人の存在確認に法人番号の検索を利用している人ってどのくらいいんだろう? 法人番号の検索だと、代表者名までは確認できないから、正確な住所を把握できているかどうかって課題があるわけだけど。

posted at 17:23:49

May 19, 2016 02:13 AM

May 18, 2016

knok

Instagramの画像から食べ物の画像のデータセットを作成

過去の記事で予告した、「画像分類タスクのテストのために作ったデータセット」を公開 … Continue reading

May 18, 2016 06:00 PM

May 17, 2016

masy

5月16日のツイート

Avast Small Office Administrationのサービスが「Databaseファイルが壊れてるから起動できない。リペアユーティリティを使ってデータベースファイルのチェックをしてみろ。」と言ってるんだが、リペアユーティリティなんて見当たらないんだけど?

posted at 15:12:52

May 17, 2016 02:23 AM

May 13, 2016

knok

感想「深層強化学習による東方AI」

能登さんが発行された技術系同人誌、「深層強化学習による東方AI」のダウンロード版 … Continue reading

May 13, 2016 05:55 PM

感想「深層強化学習による東方AI」

能登さんが発行された技術系同人誌、「深層強化学習による東方AI」のダウンロード版 … Continue reading

May 13, 2016 05:55 PM

May 10, 2016

masy

5月9日のツイート

大分黒魔術的に作りこまれたExcelファイルがあるんだけど、条件付き書式の更新が自動的に反映されず困ってた。 大分過去に作ったファイルだからかなと思ってたけど、Excelのバグらしい。レジストリいじったら、解決した。すばらしい。 daredemopc.blog51.fc2.com/blog-entry-100…

posted at 17:01:31

May 10, 2016 03:03 AM

May 06, 2016

masy

5月5日のツイート

メインノートPCのLinux Kernelの4.5.3へのアップデートも終わったし、今日はもう寝ます。 おやすみなさい。 cdn.kernel.org/pub/linux/kern…

posted at 22:51:55

May 06, 2016 03:23 AM

May 03, 2016

mrmt

あのSEIYU BGMを過去の分もYouTubeプレイリストにしたよ

近年の西友のBGMは、InterFMが担当していて、さらにピーター・バラカンも選曲に加わっているようで、クォリティがすごい。

で、別件で調べ物をしていたら、ちゃんとseiyu.co.jpにセトリが掲載されてたのを発見!

現在(2016.5.3)のステーションはYou Mary You / Louis Philppeとか入れてきてる… 買い物中こんなのが流れてきたら、座り込んで号泣してしまって、買い物にも売り上げにもなんにもならないよ… 締めはRoxy MusicのAvalonだ。

ただ残念なのは、単にindex.htmlへのセットリスト掲載が定期的に更新されているだけで、過去のリストの掲載記録がないこと。

でも、archive.orgを見てみたら、きれいに過去が取れる。

2015年4月ごろのリスト

https://web.archive.org/web/20150402054658/http://www.seiyu.co.jp/campaign/bgm/index.html

基本的に、名曲のカバーが多い。John PizzarelliのHere Comes the Sunとか、ジャケットもいい。Sunday MorningはVelvet UndergroundじゃなくてMaroon 5の曲だった。Deacon Blueとか懐かしすぎる。

いちいち買い集めるほどでもないので、YouTubeのプレイリストにしてみた。これでいろいろ捗る! Pauline LondonのBreakout (Swing Out Sisterのカバー) はYouTubeになかったので、Shadow Of Your Smileに差し替え。

2015/5のリスト

https://web.archive.org/web/20150514043131/http://www.seiyu.co.jp/campaign/bgm/index.html から。

Suzanne Vegaの "My name is Luka.." が懐かしい。あとEBTGとかね。

2015/6のリスト

https://web.archive.org/web/20150514043131/http://www.seiyu.co.jp/campaign/bgm/index.html から。

プリファブ・スプラウト… あとCloudberry Jamが結構いいと思いました。全体的に割とおとなしめ。

2015/8のリスト

https://web.archive.org/web/20150514043131/http://www.seiyu.co.jp/campaign/bgm/index.html から。

StingってWindmills of Your Mindなんか歌ってたんですね。同じくバカラックつながりで、Roger Nichols & the Small Circle of Friendsという人たちがやってるDon't Go Breaking My Heartもいいです。バカラックだから、誰がやったっていいんですが。

先のリストのEverything But The Girlに代わってBen Wattが入ってます。K.D.Langも懐かしいなぁ。The Postal ServiceのRecycled Airという曲も逆にテンっぽくて良いです。正直、上の5月、6月のリストは僕にはいまいち眠くなる感じでしたが、この8月からまたぐっと良くなってきました。

2015/10のリスト

https://web.archive.org/web/20151022084632/http://www.seiyu.co.jp/campaign/bgm/index.html から。

スマパンのJames Ihaが妙に爽やか。あとXTCのMayor of Simpletonとか、と思ったらAsk / The Smithsとか。爽やか大人ギターバンド系が多いです。
Russell WatsonのViennaも感激。以前西友か無印良品でVienna / Ultravoxのカバーがかかって、いったい誰なんだろうと悩んでいたのですが、これでついにわかった!

2016/2のリスト

https://web.archive.org/web/20160309180619/http://www.seiyu.co.jp/campaign/bgm/index.html から。

急にちょっと泥臭い味わいになってきました。でもTalking HeadsのOnce in a Lifetimeとかも入ってます。

2016/3のリスト

で、これがいまかかっているリスト。いちおうarchive.orgにも https://web.archive.org/web/20160412200332/http://www.seiyu.co.jp/campaign/bgm/index.html として記録はされてます。

Loreena McKennitt知らなかったけど結構いい。で、なんといっても名曲中の名曲中の名曲, Louis PhilippeのYou Mary Youが入ってるのが号泣がとまらない。そしてRoxy MusicのAvalonで〆る。

さっそくこのリストを台所のiPadでかけっぱなしにして、これから晩ごはんを作ります。みなさんもどうぞ!

2016/6/25のリスト

最新版! フランソワーズ・アルディ「さよならを教えて」とかずるい。ジョージ・マイケルとアストラッド・ジルベルトの「デサナフィード」もなかなかイイ。というかAstrudもじっくり聴ける声になったなと思ったら、もう76なのか!

May 03, 2016 07:54 PM

May 01, 2016

mrmt

わたし、男子校出身です。/ 椿姫 彩菜

椿姫 彩菜の自伝的なやーつ。
彼女が書いている「男子校」は、僕が小中高と12年通った学校だ。つまりこの人は僕の学校の後輩。

子どものころから心と体の性の不一致に苦しんでいた彼女は、この男子校では理解ある仲間に恵まれて… というあらすじは以前から(リアルにも)聞いていた。
あの学校がいちばん理解者に恵まれていて幸せだったという話は、卒業生の一人として「まぁ、そうだろうなぁ…」と思うし、同輩みな同様の感想だ。いまでこそLGBTとかダイバーシティというキーワードで採り上げられるようになってきたものごとは、自由なあの学校に通った仲間なら「いまさら」すぎる体感だし、わざわざ課題として扱わなければならない現状は、都会育ちの人間にとっての部落差別云々同様、ダサすぎる。

ただ、暁星を出て大学に入ったら差別に直面して辛かった、という話は、実際に読んでみると、大学(青学)が差別的でダサいというより、男子校から初めてリアル女子たちが息づくコミュニティに入ってみて、リアルは想定外にリアルだった、という感じのことであった。とはいえ、ダイバーシティの薄い人間クラスタに一定のダサさがあるのは間違いないけどね。

彼女は学業でも優等生だったと聞いていたが、本の文章は割とアメブロ的だった。ここはTPOというやつかもしれない。でも、冒頭、さまざまなこれまでの軋轢を乗り越えて、「ママ」に「女の子としての名前をください」と訴える話は、深く重みがある。

 

このひとのことを思い出して本を読んだきっかけ。

話の舞台の一部でもあり、母校でもある九段の暁星学園では、昨年に歴史ある講堂の取り壊し記念式典があって、僕のところにも案内状が来ていた。(よりによってFBMと同じ日程だったので行けなかった。暁星OBを集めるイベントがFrench Blue Meetingと重なるのはちょっと避けてみてもいいんじゃないかとは思った)

案内状には「私と音楽」「私と映画」「私と歌舞伎」「私とコメディ」みたいな各種テーマで、各界卒業生たちの講演予定が並んでいたのだが、たしか最後の講演が「私と暁星」で、それが椿姫彩菜のトークになっていた。

78年の歴史を持つ講堂の記念式典というオフィシャルな催しで、締めに彼女をきちんともってくる母校とOBたちの懐というか心意気に、あぁ、僕はいい学校を出たんだなぁと改めて感激した。

なんといっても、男子校の式典において、彼女は紅一点だしね。

f:id:mrmt:20160501104847j:plain

わたし、男子校出身です。

わたし、男子校出身です。

 

わたし、男子校出身です。Comic (本当の声。Bookmark!)

わたし、男子校出身です。Comic (本当の声。Bookmark!)

 

May 01, 2016 10:45 AM

April 28, 2016

knok

2016年4月FSIJ月例会 BBG-SWD

先日FSIJ月例会がありました。タイトルは「SWDプログラマの決定版 BBG-S … Continue reading

April 28, 2016 04:06 PM

masy

4月28日のツイート

RT @bing_chang: どろっどろの大人の事情がラムネのようにシュワッと爽やかに綴られているよ pic.twitter.com/NOojAKh4Vd

posted at 12:43:23

Appleのサポートは電話の保留音もおしゃれ(POP)なのね。

posted at 11:12:59

また凄い残時間。 13万4957年以上かかるそうです。 ちなみに、今から13万年前は温暖期のピーク、14万年前は氷期のピークだったそうですよ。 まだ、マンモスがいた頃で、人が火を使いはじめるよりも前だそうです。 これが終わる頃には? pic.twitter.com/OBpVddeuAt

posted at 10:08:52

April 28, 2016 03:13 PM

April 27, 2016

knok

自由なデータの重要性

先日、NEologd Casual Talksというイベントに参加してきました。 … Continue reading

April 27, 2016 06:00 PM

masy

4月27日のツイート

クラウドストレージサービス Copy が 2016/05/01 でサービスを終了するので、念の為 データのバックアップを取って、アカウントを消しておいた。 techlib.barracuda.com/Copy/EndOfLife

posted at 11:13:28

April 27, 2016 03:13 PM

April 25, 2016

masy

4月25日のツイート

Thunderbird 45.0に対応したConfirm-Address 1.2.9 がリリースされてた。 addons.mozilla.org/ja/thunderbird…

posted at 11:57:44

April 25, 2016 03:33 PM

April 22, 2016

masy

4月22日のツイート

で、「頻繁に電話もらってるけど、当分不要だから電話してこないでって言ったよね?」って言ったら、『そうです。3月にお電話してて、4月になって期が変わったので』とまったく悪びれもせず答えられた。 いくら何でもひどすぎると思うよ? ここ、毎回電話かけてくる担当者が違うのよね。

posted at 11:03:35

マイナビの営業電話が激しくて、「頻繁に電話かけてくるけど、当分必要ないから連絡してこないでくれ」と言ってるのに、また電話かけてくる。

posted at 11:03:27

RT @twinavi: 【話題のツイート】カニのオスは、気に入ったメスを片ハサミで掴み上げるという求愛行動をするのですが… twnv.jp/1Nmf9aN

posted at 10:31:58

April 22, 2016 03:43 PM

April 21, 2016

masy

4月21日のツイート

なんか、Thunderbirdを45.0にアップデートしたら、(なんも設定変えてないのに)標準のメッセージ形式がHTMLメールになっちゃったって現象もあるっぽいな。 アカウント設定の「編集とアドレス入力」の『HTML形式でメッセージを編集する』のチェックを外しておけばOKぽいな

posted at 14:33:02

ふむ、現時点でThunderbirdを45.0に上げると、Confirm-AddressとかCheck and Sendとかって、送信先アドレスをチェックするアドオンが正常に動作しなくて、メールを送信できなくなるようだ。。。

posted at 12:37:27

April 21, 2016 03:53 PM

4月20日のツイート

RT @hem505: 炭水化物×私の全年齢向け夢小説です pic.twitter.com/sNSI0VK5XY

posted at 17:20:26

April 21, 2016 05:53 AM

April 20, 2016

masy

4月19日のツイート

プライバシーマーク付与事業者向けに「確認審査」ってのが提供されるようになるそうだ。要は審査機関が行う第三者監査。2年間の更新期間の間に、これを受けておくと、更新審査が少し楽になる的な? privacymark.jp/news/2016/0411…

posted at 18:41:50

April 20, 2016 06:03 AM

April 15, 2016

masy

4月15日のツイート

「住民票コード」は「特定個人情報」に該当せず、ただの「個人情報」であるという認識であってるよね?

posted at 15:45:29

お、やっとLocal版(クラウド版じゃない方)のビジネス用Avast(Endpoint Protection)もWindows10に対応したっぽいな。 www.avast.co.jp/endpoint-prote…

posted at 09:40:40

April 15, 2016 04:33 PM

April 07, 2016

masy

4月7日のツイート

要は一回予約日時の変更を行った後、再度日時の変更をすると、取り消しの導線が表示されるということらしい。。。

posted at 15:52:15

Windows7でWindows10への自動アップグレードが予約されてて、取り消す方法が難しかったから、手順書作ってみた。 途中で予約日時を最終に設定してるのは念のための保険。 pic.twitter.com/4rFGEKR8Q3

posted at 15:50:59

April 07, 2016 04:53 PM

April 06, 2016

masy

4月6日のツイート

これまで同様のNTTを名乗る電話回線の切り替えに関する営業電話を沢山受けてきたけど「代理店ではなくNTT東日本本社から直接だ」と言い切られてのは初めて。 悪質すぎるので、早くだれかに取り締まっていただきたい。

posted at 17:38:28

まぁ、思ったとおり、ダメなやつだった www.jpnumber.com/freedial/numbe…

posted at 17:34:30

よくわからないので、改めて「NTTからの直接の電話なのか?」聞いてみたら『今回は代理店等を通さず、NTT東日本としてご案内している』との回答。 本当かしら? とりあえず、通話には使っていない補助回線だったので、お断りしておいた。

posted at 17:31:23

うーん、この番号からの着信でNTTと名乗って『回線の通話料が安く出来るようになった』って案内。 『光回線の切り替えのために1〜2時間ぐらい立ち会ってもらえれば良いだけで、基本料金等ほとんど変わらず、通話料金がずっと安くなる』と。 meiwakucheck.com/search?tel_no=…

posted at 17:31:12

Gmailに受信したメールに添付されてるファイルを自動的にGoogle Driveに保存してくれるような機能(拡張)はないかしら?

posted at 16:33:25

ますます「いい加減、Amazonプライム会員になれや」って方向性に www.itmedia.co.jp/news/articles/…

posted at 14:09:09

いい加減買おうかなぁ?と思うものの、動画撮影とかポートレートとか考えると、照射範囲の狭さが気になるところ。 テーブル撮影や物撮りなら問題なさそうだけど。

posted at 13:36:15

動画もちょいちょい撮るから、ストロボ代わりにLEDビデオライトでも買おうかなぁ?とか数年前から思いつつ、いまだに買ってない。 amzn.to/1qtqL1q

posted at 13:36:08

でも、Amazon Japanの商品ページ amzn.to/1S68xcd および日本のgoodbabyの商品ページ bit.ly/1TyGU11 では 15kgまで となってる。 写真を見比べると、少なくともホイールが違うんだよねぇ。

posted at 00:33:59

この記事では25kgまでOKとなってて、実際にgbの商品ページ bit.ly/237tjDV およびそこからリンクされてるベビーザらスの商品購入ページ bit.ly/1RL4piK でも 55lbs (約25kg)となってる。

posted at 00:33:24

うーん、この記事で紹介されているPockitと、Amazon Japanで買えるPockitは同一商品じゃないのかなぁ?(改良品と旧型?)

posted at 00:32:44

April 06, 2016 07:03 AM

April 05, 2016

masy

4月5日のツイート

うぉ、これすげぇ。 欲しい!$249.99 とな。 日本で買えないのかな?と思ったら Amazon で \19,800 ( amzn.to/1S68xcd )だそうだ。 twitter.com/gizmodojapan/s…

posted at 13:44:43

Googleは<body>タグの最初にGoogle Tag Managerスニペットを追加することを要求していて、bingは<head>タグ内にサイト認証タグを追加することを要求している。 一方を立てれば、もう一方が立たず。 これどうするのがいいのかね?

posted at 12:30:59

Google と bing それぞれのウェブマスターツール用のサイト認証タグを同じGoogle Tag Managerのコンテナで運用しようとしたらだめだった。。。

posted at 12:29:28

April 05, 2016 05:03 PM

April 01, 2016

masy

4月1日のツイート

今朝の朝食のマドレーヌ pic.twitter.com/PHaXDCWYUR

posted at 13:32:13

April 01, 2016 05:33 PM

March 29, 2016

masy

3月29日のツイート

出社したらAmazonから荷物が届いていてなんだ?と思ったら、昨日アンカー・ダイレクト楽天市場店 で買った、USB Type-C対応 急速充電器だった。 なるほど、Amazon Logisticsに全在庫管理&出荷を委託してるのね。

posted at 09:54:36

March 29, 2016 05:43 PM

March 28, 2016

masy

3月28日のツイート

@keruru ありがとうございます。確かにそれっぽいことができていい感じですが…編集に難ありですね。既存の見出しの上に新たに追加すると、もともとあった下の項目の相互参照箇所に新規追加した上の項目が含まれちゃったり、見出しの文章を全消しして更新すると参照エラーになったり。おしい!

posted at 17:34:44

@fjt 意外と、おかんが調理する時に、まな板を常用していない国って多いみたいすね。

posted at 16:57:33

Ankerの USB Type-C対応の急速充電器、丁度消費しなきゃならない楽天ポイントがあるから楽天でと思ってたけど、ずっとAmazonでしか買えず、そろそろ諦めようかなぁと思っていたら、楽天市場店にも投入された! 早速購入。 bit.ly/1RvPBnW

posted at 14:58:33

March 28, 2016 03:43 PM

March 26, 2016

kmuto

OpenBlocks AX3をJessieに更新してみた

ぷらっとホームのOpenBlocks開発の中の方(@OBSDEV)からAX3のJessieイメージができた、ということで早速更新することにした。

やり方としては http://openblocks.plathome.co.jp/support/guide/ax3/verup_to_8.html のガイドに全部書いてあるとおりなので、あまり考えることはない。ということはこの日記もあまり意味がないのだが、いちおう自分への覚え書きとして。

自分の環境は以前にWheezy→Jessie化で変な状態にして壊してしまっていた(カーネルをちゃんと対応させないと、udevまわりでハマる)ので、新規インストール同等の作業となる。

1. 今回はまっさらにするつもりだったので、バックアップはせず。旧バージョンから行う場合は、ガイドにあるとおりにバックアップをする必要がある。

2. シリアルコンソールにケーブルを接続し、PCと接続する。232C変換器には私はELECOMのUC-SGT USBアダプタを使っている。シリアルコンソールソフトはminicom。

3. AX3を再起動し、すぐにEnterキーを押し続けると、openblocks>というプロンプトが表示される。

4. ここでvmallocの設定をするのだが、minicomのデフォルトのシリアル設定だとうまく入力できない(Debian起動後はできる)。情報を探したところ、シリアルコンソールソフトのハードウェアフロー制御をOFFにする必要があった。minicomだとHardware Flow Control: NO。

5. 入力できるようになったところで、ガイドに従い、vmallocを設定し、保存する。

 openblocks> printenv vmalloc
 vmalloc=160M
 openblocks> setenv vmalloc 240M
 openblocks> printenv vmalloc
 vmalloc=240M
 openblocks> saveenv
 Saving Environment to Flash...

6. 続いてINITを押しながらAX3を再起動し、フラッシュのLinuxを起動する。Linuxの起動が始まったらINITから離す。さもないとまた再起動してしまうので注意。SSD側の環境を壊しちゃったときに「フラッシュにも行かねぇ、詰んだ…」と思っていたのだが、単にINITの押しが甘いだけだった。かなり強く押しつけないとダメ(精密ドライバでやったけれども、これはこれで傷つけそう。もう少し押しやすい形状か、DIPで設定できるといいなぁ)。

7. Debian 7 Wheezy環境が起動したら、root/rootでログインする。

8. ポート0とLANをつなぎ、ifdown eth0; dhclient eth0 でひとまずアドレスを獲得する。

9. ガイドのとおり、イメージのダウンロードと書き込みを行う。

 cd /root
 # wget http://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/jessie/4.1.19-0/uImage.initrd.obsax3
 # flashcfg -f uImage.initrd.obsax3
 Save firmware file to FlashROM.
 Are you ok? [y|N] y

10. 「mkfs.ext4 -L DEBIAN /dev/sda1」でストレージをクリアする(バックアップしてないものは消えるよ!)。

11. rebootする。

これで、見事Debian 8 Jessie環境が起動した。開発の中の方たち、本当にありがとう。

あとはパスワードを変更し、ユーザーを作り、/etc/network/interfacesをいじったり、いろいろ利用するパッケージをインストールしたりしていくが、現時点で、少なくともSSD利用モードにおいては、apt-get upgradeで落ちてくるuboot-imageパッケージは3.0.1に更新してはいけないようだ。

 /etc/init.d/uboot-image: line 66: /sys/devices/virtual/mtd/mtd0/flags: No such y

でインストールが止まってしまう(こうなると、/etc/init.d/uboot-image冒頭でexit 0させてapt-get -f installでともかく終わらせる、みたいなハックが必要になる)。 とりあえず3.0.0のままで「apt-mark hold uboot-image」でホールドしておいたほうが様子見したほうがよさそうに思える。

March 26, 2016 07:18 PM

March 23, 2016

masy

3月23日のツイート

ああ、そんなことないか。 後期高齢者医療制度があるのと、税法上は「6親等内の血族及び3親等内の姻族」を親族としているのに対して、健康保険法では「三親等以内の親族」なのか。 本気で難しいな。

posted at 16:25:54

「扶養親族」と「被扶養者」って同じものを表しているようで、まったく異なるので、注意が必要だ。 「被扶養者」に含まれない「扶養親族」は存在しないって認識でいいのかなぁ?

posted at 16:21:30

Microsoft Wordに用語を定義しておいて、文書中はその定義した用語のアドレスを記載して定義を参照する形としておくような機能ってないのかしら? 文書中で用いている名称を変更する必要が生じた際にすべて検索して変換するの面倒だし、ついうっかり表記揺れが発生したりしちゃうので…

posted at 14:02:27

March 23, 2016 04:03 PM

March 21, 2016

kmuto

スリランカ行ってきた

そういえば投稿してなかった(GoogleのPicasaまわり捨て問題の影響で、Googleフォトに置いてる写真の命運はどうなるのか……)。

先月にスリランカ行ってきた。スノーケリング、町歩き、スリランカカレーの食事が目的。


成田からスリランカ航空。カウンターがシステムダウンで長蛇の列だったが、オンラインチェックインをしていたので荷預けのみの列ですぐに終わった。


搭乗、A330-300でパーソナルモニタ(LinuxではなくAndroidタブレットをそのままはめ込んである)付き。お昼はチキンカレーがなく、代わりにベジタリアンカレーを選んだ。これはとても当たりで、マッシュルームとひよこ豆のカレー、カリフラワーのカレー、モッツァレラサラダと贅沢な味。お茶はもちろんセイロンティー(ただ、食後にならないと来ない)。

007スペクター、ミッションインポッシブル、ロストワールドを観た。暗い中で見すぎたので少々頭痛を起こし(バカだ)、バファリンを服用。到着直前の食事には焼きそば。頭痛のせいと動いていないせいで、あまり食欲なく軽く口をつける程度にしておく。


出発の遅延の影響を受け、スリランカ コロンボへの着陸は30分遅れ。出発同様、こっちも雨。機を出るともわっとした空気が包み込む。SIMを機内でくれるとか入国審査でくれるとかという噂があったのだけれども、残念ながらその気配はまったくなかった。ただ、入国・荷物出し・税関はとてもスピーディーで、税関を出てすぐにある両替もレートは悪くない。

ちなみに入国審査と税関の間には、LGなどの大型電化製品の電気屋がずらりと並んでいる。旅行者向けではなくて、出稼ぎで帰ってきたスリランカ人向けらしい。こんな空港は初めて見たな。

宿からの手配のドライバーが迎えにきてくれており、彼に手伝ってもらいながらSIMの購入。狙っていたDialogは、空港ショップではとても高いプランのものしかない。代わりにEtisalatのブースで500ルピーでデータ2GBのがあるよ、ということでパートナーのと合わせて2枚申し込み。設定はすぐに済んで、遅いもののGoogleマップなども見えるようになった(が、後述するようにちょっと罠が)。


車で3時間かけて南のウナワトゥナ……よりさらに東1kmくらい先のミヒリペナへ。宿のROCKSIDE CABANASは値段のわりには……なところではあるが、これでも周辺に比べればかなり高級な部類っぽい感じはある。いずれにせよ、へとへとなので最低限の荷解きだけしてぶっ倒れた(パートナーは車酔いで手酷い状態に)。

で、夜中にパートナーの寝息にしては奇妙なフコーフコーという音、そして丸いモフモフした黒い固まりが目の前に。え、猫!? (その後、絨毯で包んで、丁重にお引き取り願った。)


翌朝。ベランダからは海がよく見える。って、けっこう荒いぞ。これはスノーケリングは無理かな。


朝食。ハムがスモーキーでおいしかった。パンや卵はいまいち、ジュースも配合っぽい味がする。昨晩の猫がいた。ノラではなく、ここの飼い猫で、ガーリックという名前らしい。

チェックインの支払いを済ませ、事前に申し込んでいたスノーケリングについて尋ねたところ、やはり今日は海が荒れているので開催しないだろう、支払っていないのでツアーにキャンセル連絡も不要、とのこと。


とはいえ、翌日のスノーケルツアーは申し込んでいきたいし、ついでにウナワトゥナ周辺で昼食を探すべく、ツクツクに乗って(料金交渉)ダイブセンターへ。翌日午前のツアーを申し込んだ。


目の前はビーチで、少し進むと旅行者向けのレストランが浜辺一帯に広がっている。が、どれもかなり高く、アテが外れた。宿のまわりは何もなさそうだし、この先不安だ。


浜辺はダメそうなので、通り側へ。良い評判の書いてあったHappy Spiceという家族経営のお店に入ってみる。チキンロティ、フィッシュカレー。塩気はやや薄め、まぁまぁ悪くはないかなという感じ。


ツクツクを拾って宿に戻り、すぐ近くの「天然のプール」という海へ。周辺を珊瑚礁の岩に囲まれているので、波がさえぎられておだやかになっているようだ。とはいえ、この日はそれでも波も水位も高く、過去海を舐めて2人とも怖い目にあった(@レダン島)だけに、波打ち際で遊ぶくらいにしておく。少しだけ魚も見つけた。


戻って一寝入りしていると、チンドン屋のような賑やかな響きが通りから聞こえてくる。何か、クレーンに人が吊り下がっているんですが!? 謎の列はそのままウナワトゥナのほうへ消えていった。


日も落ちてきて夕方になり、近くにお寺があるので見にいくことにした(昼間は日射しが強烈で、屋外活動はほとんどできないのだ)。風情のある線路を越えると小さな村が続くが、何やらライトアップしていたり、村の一家が出てきて何かを待ちわびる風だったり(英語はあまり通じないけど、皆とても愛想がいい)。お寺まで来ると祭りの準備たけなわ。満月祭のポーヤーデーやペラヘラ祭りはまだ数日先のはずだけど、と思ったけれども、今日ペラヘラ火祭りが開催らしい。


とはいえ、ここで祭りを見ていると夕食を食べ逃すこと確実なので、ゆっくり戻ることに……と、何かピーピーと鳴らしながらツクツクの先導で行列がやってきたぞ。これは昼に見かけたクレーンとそれに吊るされた人じゃないですか。トラックに荷台やその周囲では若者たちが踊って楽しそう。

さて、食事どころを探したのだが、これが、通り沿いには絶望的に飲食店がない。というか真っ暗。ローカルっぽいのは軽食のロティー屋しかなく、浜辺側でちらほら見たようなお店は、通りからは入れない! しょうがないので宿に戻り、浜辺沿いに探すも……あまりピンと来る店もなく(雰囲気いまいち、煙草臭い、西洋料理、……)、結局宿に戻ってきた。

宿の食事も口コミではほめられていたので、朝食とは違うことを期待して頼んでみる。


これが、とても当たりだった。ベジカレーセット、チキンカレー。スパイシーかつ繊細、野菜の旨味がとてもよく出ていた。高かったものの、満足(結局行程を通して一番おいしいカレーだった)。


翌朝。波はまだ少し高い気はするものの、昨日ほどではない。朝食はほぼ同じ、ハムの代わりにチーズになっていた。

何やらEtisalatからSMSが届いており、パケット使用量超過しているという。宿のWiFiはほとんど使いものにならないレベルなので3Gのほうで利用していたのだが、2GBあるはずなのにハテ、と調べてみると、どうも0:00〜8:00の期間は150MBしかないらしい。朝早くに使っていたのがまずかったようだ。昼間は普通に使えるので、時間だけ注意して利用することにする。


準備を整え、迎えのツクツクでダイブセンター。重い荷物で持参したスノーケルセットが久々に火を吹くぜ。スノーケルでのスーツの必要性はこれまでの経験でわかっていたので、ウェットスーツを借りる。

3時間のスノーケルツアーは欧州人カップルと一緒にモーターボートで。波が高めでけっこう揺れる。1つめのポイントのジャングルビーチへ。


ブナケンを見ていると、どうしても魚影が濃いとは言い難いか……。サヨリみたいな細長い魚を見かけた。


そして、ウナワトゥナ沖のもう1つのポイントへ。波が荒く、ボートが飛び跳ねてお尻が痛い。太陽の日射しが強くなって透明度は上がったものの、岩島を中心としたポイントは、岩に叩きつけられそうで、ときどき位置を確認しないと怖い。こちらはやや大き目の魚群を見ることができたが、珊瑚礁はやはりほとんど死んでしまっていた。


ダイブセンターに戻ってお茶をもらい、清算を済ませる。スーツレンタルもしたのに、当初の価格よりもずっと安く済んだ。

ただ、ポイントが変わるわけでもないので、当初は2、3回を予定していたけれどもリピートすることは止めた。


午後は暇なので、(日射しが怖いけど)昼食探しも兼ねてゴールの街に向かう。近くのバス停からバス。20分ほどで到着。バス停まわりに食堂はいくつかあるが、入りたくなるほどのお店はなく……。


城壁で囲まれたゴールの旧市街は世界遺産になっている。スリランカ大地震のときにもこの城壁によって旧市街は津波の影響を受けなかったのに対し、我々が到着したバス停まわりはひどい被害を受けたそうだ。

旧市街は観光客向けのオシャレなショップが多く……というか完全に観光客向けの店しかないな。食事処はどこもお高め。


Helitage Cafeというカフェで昼食。さしたる期待はしていなかったけれども、クリスピーチキン、カボチャのクリームスープはどちらも予想外によかった(高かったけど……)。


ヒストリカルマンションという昔の大邸宅跡は、カフェやショップになっている。小さな民俗歴史博物館みたいなところに入ってみた。おっちゃんが写真撮れ撮れうるさい(笑)。


城壁から海を眺める。昔のオランダ病院跡は今はコジャレショップエリアに。トイレ無料なのは便利。


東インド商会のレリーフなどを見ていたら、何やらコメディー番組っぽいロケをやっていた。


教会が多い。この日はどこもクローズしていた。


日が柔らいできたので城塞の上を少し歩いてみる。目前に広がるはインド洋。


スーパーで水やジャムを購入。


ポーヤーデイなので近くのお寺で何かやっているかな、と見に行ってみたのだが、閑散としていた。どうも午前のうちには終わっていたようだ。甘い飲み物がほしかったので、もう1つのスーパーでさらにジュースを購入。


夕食はバス停近くのローカルレストラン(こういう安食堂はHOTELと書いてある)でエラワルロティ(野菜カレー包み)とコッティロティ(鶏肉と唐辛子とロティを刻んだもの)。辛いのは予想の範ちゅうだが、塩気がかなり強い。

蒸し暑く、パートナーはグロッキー。揺れる帰りのバスも相当こたえたようで、そのまま部屋でダウン。バスの中でライブビデオを電飾ギラギラで流していたのは、インドっぽさがある。


一晩寝て、パートナーも回復。毎朝の日課として猫のガーリックと遊ぶ。海はすごく綺麗。


疲労回復のため昼までゴロゴロ。昼食はバス停のところのロティ屋を考えていたのだが、行ってみると休み……。ビーチに戻り、流行っているピッツァ屋に入ってみる。ツナと玉葱のピッツァを注文。普通のピザ生地ではなくロティの生地で、これはとてもスリランカっぽいアレンジで面白いな、と思った。紫玉葱とツナがたっぷり入っていて、おいしい。2人で1枚で十分だったので、浜のあたりでは格段にリーズナブルだな。


天然プールへ。小さな岩の後ろに魚が集まっていた。波が高くなってしまっていたけれども、午前中のうちだったらもっと沖合いの様子も見られたかなー、惜しいことをしたか。


フォトジェニックな夕日。


ミヒリペナでの最後の夕食。お寺の祭は終わり、静かになっていた。

The Gardenというレストランへ。時間が早いのか、単に人が入らないのか、広い敷地内でお客は我々だけ。ローカルの人たちの式場として使われることもあるらしいので、基本的に団体向けのところなのだろう。


スペシャルスープ、ライス、デビルチキン、紅茶を注文。スープは最初不思議な味がしたが、慣れてくるとおいしく感じてくる。給食のコッペパンのようなものは本当に給食のコッペパン風で、中にマーガリンが塗ってある。そういえばスリランカの朝食も、バターではなくマーガリンだった。デビルチキンはケチャップの甘味と、唐辛子の強い辛味がぶつかり合い、ワイルド。パラパラかつプチプチしたライスとよく合って美味。紅茶にたっぷり砂糖を入れて飲むのもよい。


翌朝。海は浅瀬になっていて沖合を見るのも楽しそうなのだが……。

好事魔多し。昨晩夕食をとって「はー、おいしかった、おいしかった」と歩いて宿に戻っていたら、側溝に転落。落ちる際か上がった際に、腕と掌に石が刺さった傷をしこたまつけてしまった。側溝に水気がなく細菌感染の可能性は低かった、浅かったので骨折・捻挫もなかった、夜風に備えて長袖シャツ・長ズボンを羽織っていたので傷は最低限で済んだ(シャツは小さな穴が開いた)、というのは逆にラッキーだった(特に水は怖いしスマホもダメージを受ける可能性があった)と言えよう。

ともあれ、さすがにこの傷だらけで海に入ったら因幡の白兎なので、砂浜から眺める程度で我慢する。


朝食をとり、部屋にチャージしていた夕食代金を支払い、荷物をパッキングし。コロンボの宿が手配した迎えのタクシーに乗り、一路、高速道路でコロンボへ向かう。途中、スリジャヤワルダナプラコッテにある、バワ建築の国会議事堂が見えた。


コロンボの宿、Ellen's Placeに到着。ここのマネージャさんはとても世話好き。

ツインの部屋を予定していたけれども、ダブルで広い部屋もあるよ、ということで、見比べて広くて明るいダブルのほうに変更。


予定していたよりも食費がはるかに高く、日本並みにお金が飛んでいくので、手持ちのルピーが乏しい。ツクツクに乗って、Majestic Cityというショッピングモールに向かう。コロンボはツクツクはいっぱい走ってはいるのだが、一方通行が多いので、地図と見比べて方向を考えてどちら側で掴まえるかを考えないといけない。

Majestic CityのATMで無事お金を引き出し、Majestic Cityの中を見てみる……が、ケータイ屋ばかりでどうも寂れた印象がある。


地下のフードコートもちょっと暗め。スリランカっぽいお店は1軒、しかもやる気のない感じで、あとはインドネシア、タイ、それにフレッシュジュースというくらい。

結局インドネシアのところでナシゴレンを注文。まぁまぁの味だった。


ゴールロード沿いには店が立ち並ぶということでMajestic Cityから北へ歩いてみたのだが、店は並ぶというよりも「点在」という程度。雑貨店のベアフットは趣味に合うものはなし。紅茶局で、おみやげや自分用に紅茶を購入(帰国してから飲んでみたらおいしい良い紅茶だった)。

喫茶店でひと休み。焼きクレープ、アイス、紅茶で一息つく。暑い中歩いたので、甘いものがとても嬉しい。


リバティセンターショッピングモール。Majesticよりは綺麗かな、でも人はあまりいない。フードコートもMajesticとテナントが変わらない。もしかして、フードコートってどこもこのラインナップなんだろうか……と疑うくらいに同じ。


ツクツクを掴まえ、宿に近い(宿は名前や場所を言っても伝わらず、地図は読めない)コタロード駅に向かってもらう。コタロード駅はコロンボから数駅なのに、どこの田舎の無人駅だ、と思うほどの駅舎。移動はほぼバスなんだねぇ。


夕食はBorella交差点に向かい、ローカルレストランへ。インド系のベジタリアンのお店に入ってみる。チャパティとカレー、じゃがいも包みロティ、おからドーナツ、紅茶。パートナーが頼んだカレーは、かなりしょっぱかったらしい。じゃがいもロティとドーナツはちょうどいい塩気で、おいしかった。紅茶はここも甘く、それがおいしい。


朝食。量が多い。バナナケーキはよかったけど、それ以外はまぁまぁ、かな。


ホテルの周辺は緑が多い。大通りから1本奥まっているので、静かで助かる(町中はピーピーと騒がしい)。


高級モールのODEL、雑貨のパラダイスロード、スーパーのアルピコと回る。ODELは綺麗だけれども、中国人観光客がたくさんで騒々しい。


雲行きが怪しくなってきたので、近くの食堂でお昼。エッグカレーを頼んだら、卵焼きが乗っただけだった……。そしてやっぱり塩気強め。雷の影響で店は停電。ポツポツとしていた雨は豪雨に変わり、何人も雨宿りに避難してきた。


30分ほどで雨が止んできたところでODELに戻って置き物を買い、ツクツクに乗ってファッションセンターへ。ファッションというわりにはゴテゴテな雰囲気で微妙なところではある。フードコートもあるということで行ってみたのだが、これまでのショッピングモールはまだ恵まれていたのかと思うほどの皆無。広い地下には、インスタントな飲み物を売る店と、やる気のないジャム屋しかない。ショップではパートナーの装飾品などを購入。


夕食はツクツクに乗ってリバティアーケードへ。RajaBajunという、わりと有名なビュッフェに入ってみる。時間が早かったので簡単に座れたが、時間が経つごとに団体が次々と入ってきて埋まっていった。

カレーはベジ、チキン、海産など種類がいろいろ。チキンカレーとダール豆カレーはおいしかった。パコラ(野菜てんぷら)もいける。町ではほとんど見かけないスイーツもここには各種あったので、いろいろ試してみたり。

総じて町の食堂よりは確かにレベルの高いお店ではあったが、これがベストレストランか、と言われると首をかしげる。そもそもスリランカの人は食事は家で食べるものなのか、外食文化がそもそも薄そうだ。スリランカ料理で一番おいしいかったのはホームステイで食べたもの、という話はよく目にする。


翌朝。ウェスタンの朝食はちょっと飽きぎみなので、フルーツやチーズを基本としたコンチネンタルにしてみる。チーズがおいしく、こっちのほうがいいな。


庶民が集うペター地区というところへバスで向かってみる。小さな店が並び、安食堂もいくつかある。紅白に彩られたモスクはちょうどお昼の礼拝時間だった。


後光がデジタルにビカビカする仏寺、クールだ。


高級ショッピングモール兼レストランのダッチフォートホスピタル。ODELや洋風レストランなどが入る。トイレが無料だった。


ツインタワーのワールドトレードセンター。スリランカで一番高層というわりにはさほど高くはない。1Fにフードコートがあり、マカロニパスタに鶏ソテーとコロッケを付けて。意外とおいしかった。このフードコートはちょっと会計が難しく、まずメニューを選んで金額を聞き、それから別のレジでその分のお金を支払ってレシートをもらい、それを持って再度注文する(もしかしたらやり方を間違っただけかも)。

念のためATMで追加の引き出しもしておく。


質のよい民芸品があるというラクサラ。しかし興味をひくものはなし。


ツクツクでショッピングモールのクレスキャットブルーバードに向かい、フードコートのカフェで一服。店の揃い方はほかと一緒だけれども、ここのスリランカ料理の店は少しやる気のある感じだった。


ゴールフェースグリーン公園で夕日を眺める。地元のひとたちもたくさん訪れていて、家族で散歩をしたり、水遊びをしたり、屋台で軽食を買っていたり、愛を語らっていたり、と皆思い思いに過ごしている。


ブルーバードのスーパーでパン、ヨーグルト、トマトを購入し、ツクツクで宿に戻る。夕食はパン。カレーパンやドーナツで、それなりにおなかが一杯になった。オンラインチェックインのプリントアウトもフロントで済ませる。


最後の朝食も軽めのコンチネンタル。

フライトは夜なので、夕方まで荷物を預けるとして、昼間をどう過ごすか……。ショッピングモールはあらかた訪問してしまってもう行くところがなく、博物館は冷房なし・飲み物禁止で厳しいという報告があり、あまり遠くに行くと交通渋滞で戻ってこれない恐れがある。


ということで、スリランカの人たちがこぞってお参りするという、キャラニヤ ラジャマハヴィハーラ寺院に行ってみる。Borella交差点から135番のバスがあるよ、ということで行ってみたのだがなかなか見つからず。結局地元の人に案内してもらい、前回食事をした場所に近いところでバスに乗ることができた。降りるのは終点なので迷うこともない。


寺院は入場料はなく撮影禁止かどうかはわからなかったが、中で撮っている人はいなかったので従っておく。困ったことに、広い境内において靴を脱がなければならない、まではよいのだが、傘やかぶりものも一切禁止となっている。強い日射しで熱射病になりそう。寺院は重厚かつ緻密な彫刻で、みごたえがあった。


寺院を出てバス停近くのカフェでコーラ一服。

懸念していたとおり、パートナーは重篤な熱射病に……。昼食もとれそうもなかったので、なんとか宿まで戻り、出発時間までロビーで寝かせてもらう。


待っている間に私はフレッシュジュースをリクエスト。とても高価だったけどその価値はあった。


なんとかタクシーに乗り、空港へ。携帯両手持ちでポチポチしているドライバーで、正直怖かった。着替えて、売店のじゃがいもロティを昼食代わりに。余っていたスリランカルピーは再両替でユーロにしておいた。


荷物セキュリティ、チェックイン(で荷預けのみ)、出国、ゲート前荷物セキュリティと抜け、搭乗待ち。ベルトや靴をとれと厳しいわりに、持ち込み荷物はかなりユルユルなのがおかしい。


搭乗についてはゾーン制のわりに案内がほとんどなく、列の雰囲気を見て各自判断する。行きと同じA330-300。前方席のお子さまがギャン泣きして大変そうだった。

夕食は魚ソテー。スティーブジョブスとミニオンズを観て寝る。

と、到着が早まったせいか、すぐに起こされて朝食。スリランカ時間1:10。日本時間で5:40。先生、とっても眠いです……。パンは悪くなかった。

30分ほど早くの到着で、無事に帰国。荷物もわりと早く出てきた。


帰国後のお昼ごはんにラーメンを作る。ほっとしますわー。

March 21, 2016 01:55 PM

March 19, 2016

mrmt

アメリカで運転するときのDO/DON'T

久しぶりにUSで車を運転して、思い出したこといくつか。オープンにまとめとくと何かの折に便利なので。

f:id:mrmt:20160319012434j:plain

やりましょう
自信なかったら人の車についていこう

アメリカの交通は、そもそも日本やイギリス連邦と逆の右側通行です。いきなり反対車線をぐいぐい走りだすことは流石にないと思いますが、慣れてきたころ、左折の駆け引きのあといきなり左車線(つまり反対車線)に突っ込みそうになってヒヤリとするかもしれません。道路の広さや車線の数も違うので、交差点から曲がってどこに進むべきかの感覚も結構違います。

このリスクを減らすには、なるべく前の車についていくこと、言い換えれば先頭にならないよう運転することです。

赤信号でも右折しよう

たまに「ダメ」と標識がでていない限り、赤信号でも右折できます。もちろん歩行者や他の車には注意しつつ右折します。「左からくる車に譲れ(YIELD)」という標識がしばしばありますが、もともと当たり前のことです、強い意味はありません。

ライトは終日点灯しよう

カリフォルニア州のように、昼間だろうと運転中はヘッドライトを点灯していないとならない州もあります。そんな州でレンタカーを借りると、エンジンを掛けたとたんヘッドライトが点灯する仕様だったりします(ヘッドライトを消す機能がそもそも無い)。

他の州でもヘッドライト点けっぱなしにしておいて損はありません。ヘッドライトというものは、自車の接近をアピールするための装置です。

前方の車の右左折予測感度を高めよう

自分の前を走る車が右折するか左折するか、前方100〜200メートル、ないしは数台ぶんは常時観察予測しながらみなさん運転していると思います。

アメリカではこの予測感度をもっと上げます。なぜなら、日本より(東京より)思いつきですぐ右左折しようとする雑な車が多いのと、後部ウインカーの色がオレンジでなく赤点滅の車が多いので、感覚的に気づきにくいからです。

割り込みたがっていたらちゃんと入れてあげよう

USに限らず当たり前です。意地を張って割り込み阻止しても、そのリスクテイクには意味がありません。遅そうな車だったら後で抜けばいいです。

4方向一時停止では左に譲ろう、のんびり待とう

日本では、信号のない交差点では、必ずどちらかが優先道路です。優先でないほうの道路には赤い一時停止標識が立ちます。つまり常に主従が確定しています。(99%ぐらいの確率でそうだと思います。二十数年30万キロぐらい運転してますが、そうでない例を思い出せません)

USでは、主従関係のない、4方向全てが一時停止の交差点が結構あります。住宅地に入るとほとんどこれといった印象です。キメがなされていないので非常にやりづらいです。ルールがあるとすれば左に自分より先に車がいれば譲る、ですが、雑でぼんやりした車が多く、アイコンタクトも取りづらく、秒単位での把握判断行動のループがうまくまわりません。かなりストレスですが、もたもたしていても後ろから煽られることも特にありません。諦めてのんびり構えましょう。

駐車場では頭から入れて止めよう

駐車場で車を頭から入れて止めると、出るときバックで出ることになります。危ないし、転回しづらくて面倒です。なので普通はお尻から入れることが多いと思いますが、USでは構わず頭から入れてしまいます。駐車スペースも通路も広いからバックでも出やすいし、そもそもほとんどの人が頭から突っ込んでいます。後述の「車内に荷物を残さない」ため、後ろのトランクを多用する使い方にも合っています。

日本風に丁寧にお尻から入れようとすると、「あのクルマ、何をやっているんだ…」とまわりに驚かれる感じです。「ワオ! あれ見て!」とinstagramされそうな勢いです。

f:id:mrmt:20160319012435j:plain

やめましょう
車内に荷物を残さない

ガラス越しに見える車内に荷物を残して車を離れるのは、車上荒しリスクを高めるだけという理由。そこまでシビアなものかなぁと楽天的な僕は思いますが、海外では楽さより安全を取ったほうがいいとは思います。車を乗り降りするたび、荷物は後ろのトランクに入れたり出したりします。

サンキューハザードはやめよう

そもそもサンキューハザードというものが日本国内だけの俗語です。ハザードはhazardというぐらいで、
「うわ、カーブ抜けたら路上どまんなかに人が寝てる!」
「俺の車たったいまブレーキが壊れた!」
「同乗者にナイフを突きつけられた!」
ぐらいの異常緊急時にのみ使いましょう。

左折待ちではハンドル切らない

左折待ちはみんな大人しいです。特に、交差点の左折待ちでハンドルを切ってじわじわ盗塁アピール的な挙動をするのは非常にマナーが悪いとされるようです。やってる人もいますが。

止まってるスクールバスは抜くな

映画によく出てくる、アメリカの黄色いスクールバス。児童の乗り降りのために停止してるときは、白とか黄色のランプがパカパカ光ってます。さらに、脇腹から真横に「通せんぼ」する棒が踏切のごとく出ることもあります。

このとき、何があろうと抜いてはいけません。脇を通りすぎてもいけません。慎重に確認しつつ徐行してもだめです。諦めて、全てが終わるまでじっと止まって待っていてください。

反対車線にいてもだめです。中央分離帯がなくてセンターラインだけの道路では、反対車線の車ですら、ずっと止まっていなければなりません。正気を疑うほど安全側に倒したルールですが、かなり厳格に運用されています。破るとすぐ捕まるようです。

中央分離帯レーンは走らない

センターラインのかわりに、黄色の点線あたりで両側を引いた車線が中央に設けられている道路があります。ところどころに斜め矢印がペイントしてあったり。

これは、「双方向から共有してつかう左折レーン」です。信号がないところでの左折待ちは対向車が止むまで路上で止まって待つことになりますが、このためのバッファを双方向で分けあっています。止まって待つための車線ですから、ここをぐいぐい走行してはいけません。

優先レーンは走らない

都市部の高速などで、白地に黒い菱型(◇)が描かれた標識がしばしばあります。路面に菱型だけペイントされていることもあります。これらは、条件付きの優先レーンです。例えば「午前中の相乗り車のみ走行可能」とか。

菱型が描かれた車線を見かけたら、それは何らかの優先レーンであり、そこを走るための条件は標識で示されているはずなので、条件を把握し合致していない限り、そのレーンに入ってはいけません。

日本だと路面に書かれた菱型(◇)は「前方に横断歩道あり」ですが、日本以外では見たことないです。日本独自の表示かもしれません。

ほか

そもそもの話で、USの車はほぼすべて左ハンドルなわけですが、左ハンドル vs 右ハンドルの差異は、それほど気にしなくていいと思います。左側通行の国で右ハンドルに乗っている人なら、右側通行の国の左ハンドルには、割とすぐ慣れます。

むしろ慣れづらいのがウインカー操作が左右逆なことでしょう。
「ああ、なるほど右ハンと左ハンだと違うわけか」と思われがちですが、そうではなく、世界中ほぼすべての国で、右側通行だろうが左側通行だろうが、右ハンドルだろうが左ハンドルだろうが、ウインカー操作は左手側とISO規格で推奨されています。

日本国内向けの日本車だけ国際的な視野でみるとUIの標準に著しいズレがあるわけです。未来や子どもたちのことを少しでも考えるなら、JISキーボードや元号同様、メリットなき負債となっている習慣や標準は勇気をもって潰したほうがよいと思います。

March 19, 2016 04:02 PM

ヒューストン宇宙センターに行ってきた

Austinを朝の7時過ぎに出る。
夏時間が始まったばかりで、外はまだ暗い。

f:id:mrmt:20160319212507j:plain

ハイウェイにはいろいろ有料区間があり、州によっていろんなリモート課金方法がある。ここではEZTAGというテキサス州の課金方法。特に何かがピッと鳴るとかの課金感はない。

f:id:mrmt:20160319232541j:plain

借りたハーツのレンタカーには、各種課金手段まとめてもろもろ登録されてるので楽ちん。

f:id:mrmt:20160319095832j:plain

徐々にヒューストン宇宙センターに近づいていく。
道路もNASA Roadとかいう名前になってきて、だんだんアガってくる。 

f:id:mrmt:20160319095120j:plain

f:id:mrmt:20160319235409j:plain

El Camino Realって道路は、シリコンバレー近辺に限らずあちこちにあるのね。メキシコの王様の足跡いたるところにか。

f:id:mrmt:20160319235629j:plain

ヒューストン宇宙センターに着いた。
入り口でお出迎えしてくれるT-38 Taronのコンビ。

隣りにあるジョンソン宇宙センターが、実際にアポロ計画などの管制センターに使われていたガチのNASAの宇宙センター。今回訪れたヒューストン宇宙センターはその隣にあるファシリティで、要するにジョンソン宇宙センターの見学施設。運営はディズニーがやっている。

 f:id:mrmt:20160319235836j:plain

お約束の、シャトルと運搬用747
2機あるうちの、これはアメリカン航空からNASAが買って改造したほうのやつ。もう1機はご存知の通り、もとJALの747SRですね。

f:id:mrmt:20160320001047j:plain

建物に入ります。

ここは基本的にキッズ向けのところだなー。ディズニー感高い。
この施設自体に大人が観るべきところはぶっちゃけあまりなかった。

f:id:mrmt:20160320001804j:plain

お約束なおみやげコーナー。

f:id:mrmt:20160320001857j:plain

f:id:mrmt:20160320002759j:plain

デブリ対策構造物など。

f:id:mrmt:20160320002157j:plain

f:id:mrmt:20160320002257j:plain

これまたお約束の宇宙船のトイレ。

f:id:mrmt:20160320002109j:plain

f:id:mrmt:20160320001953j:plain

で、こっからトラムツアーに行きます。赤いコースは時間がかなり掛かるようなので、割とさくっと見れる青いコースのほうへ。

f:id:mrmt:20160320002808j:plain

f:id:mrmt:20160320003849j:plain

ディズニーな敷地を出て

f:id:mrmt:20160320004118j:plain

となりのジョンソン宇宙センターに入ります。
サターンVが展示されているでっかい建物。

f:id:mrmt:20160320004219j:plain

を、通りすぎて、管制室のビルへ。

f:id:mrmt:20160320004710j:plain

f:id:mrmt:20160320004827j:plain

f:id:mrmt:20160320011532j:plain

入るといきなり、これまでのアポロ計画〜スカイラボ計画の飛行士が身に着けていたオメガ・スピードマスターの一覧。これはちょっとかっこいい。

f:id:mrmt:20160320004911j:plain

f:id:mrmt:20160320004919j:plain

ディズニーな施設にも何箇所かスピードマスターの展示があって、結構オメガ推しです。お目が高い。

f:id:mrmt:20160320002901j:plain

これが、あの管制室の、ほんもの。

One small step for man.. とか、Houston, we have a problem. とかやりとりした、あそこです。おおー。

f:id:mrmt:20160320010114j:plain

そこからまた少しトラムで戻り、さっきのSaturn Vの倉庫へ。
これは、打ち上げトラブル時に司令室だけ別途飛ばして脱出するための、先頭の小型ロケット。の実験用ロケット。

f:id:mrmt:20160320012819j:plain

サターンV

でかい。

で、でかい。

でかいです、これは。

本当に、でかい。

うぉー。

f:id:mrmt:20160320013501j:plain

こんなものがよくマッハ8まで垂直に…

第1段ロケットはボーイング担当。

f:id:mrmt:20160320013940j:plain

f:id:mrmt:20160320014256j:plain

f:id:mrmt:20160320014043j:plain

f:id:mrmt:20160320014515j:plain

f:id:mrmt:20160320014544j:plain

f:id:mrmt:20160320015403j:plain

f:id:mrmt:20160320014630j:plain

満足。worth it.

March 19, 2016 01:00 PM

March 17, 2016

ukai

Go 1.6 Release Party @ Tokyo

これももう一ヶ月前になりますが、2月17日にはてな東京オフィスでGo 1.6 Release Partyがあったので 参加してきました。Go 1.6 release partyの東京イベント(by GoCon Tokyo)でした。

Go言語によるWebアプリケーション開発が発売されたあとくらいに「Goらしいコードの書き方とかでなにか発表を」と 依頼されたのでGoらしいコードの書き方(ミニ)をしゃべりました。時間は15分くらいだったので内容を interfaceとchanの使い方にしぼりました。このあたりはGo言語がわかりはじめたころに使いすぎてしまう人が多い気がします。 Rob Pike氏がいっているように 「Always use the right tool for the job」するよう気をつけましょう。

March 17, 2016 11:06 PM

Go言語によるWebアプリケーション開発

既に発売されてもう2ヶ月近くたってしまいましたが、「Go言語によるWebアプリケーション開発」の監訳をしました。 `Go Programming Blueprints`の日本語訳です。

タイトルに「Webアプリケーション開発」とありますが、Webアプリケーションだけではなくてコマンドラインツールの開発とかも紹介しています。
Go言語仕様とかの説明はあまりなくて、Goを使ってアプリケーションを書くのはこのようにするという例を紹介した本なので、 tour.golang.orgをしたり、How to write go codeあたりを 読んだりしたあとに、手にとってみるといいかと思います。
最初見た時は題材の選択とかがよさそうに思ったのですが、監訳でちゃんと読んでみると原書の時点からコードとか説明で気になるところがたくさんあったので、注をいれたりだいぶ手直ししたりしました。 付録もなにか書いてくださいということだったので何を書こうか最初迷ったのですが、Goらしいコード(idiomatic go)を説明したほうがよさそうな気がしたので 本文中のコードをreadability reviewとしてみて書き直したらこういうふうにするなぁという感じで書きました。
ちなみに元のコードはgithub.com/matryer/goblueprints、 日本語訳版はgithub.com/oreillly-japan/go-programming-blueprintsにあります。
最初は紙の本だけでしたが、Ebookもでているので電子版が欲しい人もどうぞ。
そういえばamazonでは発売当初在庫がすぐなくなって中古が高値で売られてましたが、在庫はもうあるのに中古がまだ高いとかいう不思議な状況(2016-03-17の時点で中古ほぼ新品6912円とかのがある)になってますね。

March 17, 2016 10:51 PM

masy

3月17日のツイート

RT @ocean__a: 変な形ナンバー1の魚!? 伊豆大島にアカグツが登場 oceana.ne.jp/deepsea/60197 #オーシャナ #ダイビング pic.twitter.com/TLl8XCneyM

posted at 09:58:38

March 17, 2016 04:23 PM

March 16, 2016

kmuto

HP Pavilion 550-240jp

自宅の自作マシンの調子がひどくおかしくなって仕事にならないため、急遽デスクトップマシンを新調。

さっさと仕事できるようにしたいので、当然Debian GNU/Linuxをさっくりインストールできて各デバイスがちゃんと動くのは大前提。相性だの考えなければいけない自作はもう嫌だし、これまで買ったBTOマシンはあまり良い思い出がなかったし、NUCは今のHDDを持っていけないし、……

ということで、メーカー系でもまずまず素直そうで短納期で、かつ比較的安かったHPのPavilion 550-240jpを購入した。CPU無料アップグレードキャンペーンでi5-6400。仮想化環境を複数上げての作業が多いので、メモリは最大の16GB。よりメモリを塔載できるHP ENVYも検討したのだが、Linuxのインストールトラブルがあるようなので忌避した。

品物は注文1週間後に到着(素晴らしい!)。


ミニタワーでかなりコンパクト、軽い。ブリザードホワイトにしたけれども、前面のパネル以外は黒い。どのあたりがブリザードかはよくわからないが、デザインとしては悪くない。電源スイッチは上側にあり、おちついた白LEDで、目にうるさくなくてありがたい。排気が通常のケースのような左側面ではなく右側面にあるため、マシンと自分の席の配置上、音や不快な風が不安だったが、かなり静か。無音とまでは言わないがCooler Masterのファンを使うなど、気を配っていることはわかる。ただ、今は単に寒いだけで、夏になるとやっぱりファンぶん回しで暑い・うるさい、ということになるかもだけれども。

フロントにUSB3.0ポートx2とフォン端子、SDカードリーダ。背面はUSB3.0ポートx2、USB2.0ポートx2。USB2.0をまだ積む理由って何かあるんだっけ。とはいえ、手元にあるデバイスはどれもUSB2.0のものばかりであまり違いはないのであった。

ビデオは、実のところDebianで使うにはIntel HDのほうが「カーネルが上がってnon-freeのNVIDIAドライバがー」ということもないので好みなのだが、HPのラインナップでは出力がHDMIしかないため、DVIでモニタに出せるNVIDIA GeForce GT730のほうにした。

ケーブル等を接続したら、まずはWindows 10 Homeを起動。無事に起動したのを確認して、シャットダウン。30秒程度の生涯、南無ー。

マイナビ社の『速効! HPパソコンナビ特別編』という、248ページフルカラーでWindows 10の基礎操作を説明する紙書籍が付属している。類似の書籍制作でゾンビ化していた同僚たちの顔が浮かび、この冊子も編集部や編プロ会社が大変だったんだろうな……と涙を禁じ得ない(ベータ版の頃から着手しないといけないけれども、ビルドバージョンが変わるたびにキャプチャや検証をやり直し、とか)。

さて、フタを開けてWindowsのインストールされていたHDDを取り外し。フタは背面1つネジを開けるだけだが、マイナス切り込み入りのトルクスネジなので、トルクスドライバを使ったほうがよい(内部も同様)。HDDはケース下側の側面にへばり着くように取り付けられている。

ケース下側は3.5インチ専用、上側は2.5インチ/3.5インチ共用と2つのディスクを塔載可能なので、新調のシステムストレージとしてCT500MX200 SSDと、旧マシンのHDDを取り付けた。電源ケーブルは結ばれた状態で1つ余分があるが、SATAケーブルは当然ながら付いていないので適当に手持ちのを付けておいた。マザーボードを見るとSATA1が主ディスクへ、SATA2がDVDドライブへ、SATA4が空き、なのだがSATA3はどこにあるのだろう……。ともあれ、SATA4と旧マシンHDDを接続。

さて、いよいよDebian GNU/Linux 8 Jessie(amd64)のインストールである。https://www.debian.org/CD/netinst/ 経由(実際には http://ftp.jaist.ac.jp/debian-cd/ )でDebian 8.3のnetinst CDを作成し、起動。

おっと、CDが回る間もなく失敗。認められたOSではないから起動できないらしい。これがかの悪名高いsecure bootっていうやつですね。PC起動時にBIOS/UEFIに入るべくいろいろいじってみて、ESCキーでようやく設定画面へ。「安全なブート」をオフ。「レガシーなブート」はmbr起動のことだと思うが、ひとまずこのまま進めてみることにした。そういえば仮想化の設定もデフォルトはオフになっていた覚え。

secure bootを無効にしたことで、Debianのインストーラは正常に起動。順調に進んでいくが、ネットワークデバイスのところでファームウェア「rtl8168g-3.fw」がないというエラーになる。残念ながら、このマシンのNICはIntelではなくRTLらしい。別マシンで http://cdimage.debian.org/cdimage/unofficial/non-free/firmware/ からアーカイブを取得し、展開して登場するfirmware-realtekのdebファイルをUSBメモリにコピーして、インストーラに読ませると、問題なくインストールは進む。

この時点ではUEFIのままで進めているので、パーティショニングもUEFI対応の形になる。一応後から何か役立つかもということで、LVMで設計。以降はタスクにデスクトップ環境(GNOMEにしておいた)を選んでひたすらインストールが終わるまで放置する。

最後にGRUBのインストールになるが、ここで自分は何か間違ったかもしれない。UEFI用のgrub-efiが選ばれず、BIOS用のgrub-pcが出てきたのをそのままMBR領域に書き込んだ。

再起動後、ディスクから起動できないというエラーが出てしまったため、再びBIOS/UEFIの設定を開き「レガシーなブート」を有効化。これで無事にGRUBのメニューが表示され、Debian OSを起動できるようになった。もう一度grub-efiが入るようインストーラを試し直す……というのも時間がかかって気が重いので、そのままBIOS版を使うことにした。

SSDの威力はさすがで、GRUBメニューから起動まで恐しく速い(今のところデーモンが少ないという話はある)。

nouveauドライバでGNOMEも普通に起動したが、アクティビティあたりを触るとちょっともたつく感じは否めないので、おとなしくnon-freeのnvidia-driverをインストールし、/etc/X11/xorg.confを次のように作成する。

 Section "Device"
   Identifier "My GPU"
   Driver "nvidia"
 EndSection

再起動してnvidiaドライバで正常に動くことを確認。あとは仕事データを2TBの旧HDDからひたすらコピー……とやっていくと500GBのSSDはすぐに埋まってしまうので、頻度の高いファイルをSSDに移行して、あまり使わないか大容量のデータはHDDにそのまま置いてシンボリックリンクで対処しておく。

ひととおり仕事環境はもとどおり復活したところで、各周辺デバイスの挙動を調査していく。USBは当然問題なし。NICもファームウェア込みで正常。カードリーダーもちゃんとカメラのSDカードを開くことができた。これまでちょっと扱いにくい外部カードリーダーを使っていたのでこれはありがたい。ACPIサスペンド/復帰も問題なし(旧マシンは二度と戻ってこないことが頻繁に……)。sensorsはcoretempだけのようで、温度センサーのみ、CPUやケースのファン速度は取れず。

ただ、USB DACを使っていたので問題に気付かず、Twitterで尋ねられて初めてわかったのだが、内蔵のサウンドが機能していなかった。Intel HDAデバイスとして見えてはいるのだが、ライン/フォン(前面・背面)いずれも音が出ていない。

jessie-bpoからLinux 4.3.5のカーネルをインストールしたところ、ライン/フォンともに正常に音が鳴るようになった(ただ、フォンのほうは音量が小さい?)。本当は「Bang & Olufsenのプレミアムなサウンド」らしいのだが、Debian的には単なるIntel HDAであって、Windowsのようなソフトウェア支援がなければ猫に小判というところではある。

マウスは有線マウスであり、そもそも使う気がなくて常用のArcマウスにしているので使用感は不明。キーボードのほうは浅いタッチながらわりとよいかな、と当初思っていたのだが、カーソルキーとテンキーが近すぎてタイプミスが頻繁に起きる、PageUp/PageDownの位置が微妙に違和感がある、で結局旧マシンで使っていたキーボードに戻すことになった。

ともあれ、secure bootとレガシーブートの設定さえ変更すれば(HPには今後ともこのオフ設定ができるようにしていただきたい)、あとは極めて素直なマシンで、匡体内の保守も比較的容易、となかなか良い買い物だった。あとはひたすら仕事をするだけだね!

(しかし、旧マシンのようなハングアップが1回発生したのは何だったんだろう……Chrome+NVIDIAドライバにおいて何かある?)

 lspci
 00:00.0 Host bridge: Intel Corporation Device 191f (rev 07)
 00:01.0 PCI bridge: Intel Corporation Device 1901 (rev 07)
 00:14.0 USB controller: Intel Corporation Device a12f (rev 31)
 00:16.0 Communication controller: Intel Corporation Device a13a (rev 31)
 00:17.0 SATA controller: Intel Corporation Device a102 (rev 31)
 00:1c.0 PCI bridge: Intel Corporation Device a114 (rev f1)
 00:1c.6 PCI bridge: Intel Corporation Device a116 (rev f1)
 00:1f.0 ISA bridge: Intel Corporation Device a143 (rev 31)
 00:1f.2 Memory controller: Intel Corporation Device a121 (rev 31)
 00:1f.3 Audio device: Intel Corporation Device a170 (rev 31)
 00:1f.4 SMBus: Intel Corporation Device a123 (rev 31)
 01:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GK208 [GeForce GT 730] (rev a1)
 01:00.1 Audio device: NVIDIA Corporation Device 0e0f (rev a1)
 03:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168/8411 PCI Express Gigabit Ethernet Controller (rev 10)

しばらく使ってるのだが、頻繁に停止する。原因がどうもはっきりしないが、bpoカーネルがどうも悪いのだろうか。

i5-6400の特定バグだったら嫌だなぁ。

March 16, 2016 09:04 AM

March 12, 2016

mrmt

SXSW 2016: UberX使いまくり

今回の出張先はテキサス州のオースティン。目的は、毎年ここで開催される、音楽と映画とメディアのカンファレンスSXSW (サウス・バイ・サウスウェスト) への参加だ。

ホテルから会場のAustin Convention Centerに向かう。
やっぱりUberは便利。呼ぶのがスマホで簡単。向かうのもスマホで簡単。呼ぶときについでに目的地も指定してしまえる。支払いも簡単。何しろキャッシュレスで済んでしまうから。こちらのチップ文化にあれこれ気を使う必要がない。領収書もきちんと残るし後日のダウンロードもできる。これらの理由で、街のYellow Cabとか拾う理由はもはや全然ない。値段も、タクシー相当のUberXならさほど割高ではない。メリットのほうが勝る。

f:id:mrmt:20160312161043j:plain

会場のAustin Convention Center.

ここに来るのは今日が初めて。というかテキサス州に来るのが初めて。

f:id:mrmt:20160312161228j:plain

f:id:mrmt:20160312161507j:plain

アメリカには珍しく路面電車的なものがある。
そういやLAのConvention Center脇にも、とってつけたようにこういう路線が作られていた。運行時間帯や路線など見ると、ほぼ実用性はない。というか土日はそもそも運行してなかったりする。

f:id:mrmt:20160312161504j:plain

 

さて、着いてからの様子はこちらをどうぞー

帰りもUberXを利用。Fitに乗ってきた大人しそうな白人青年だった。マニュアル車だったが、運転は臆病でへたっぴで、経済的な理由からマニュアル車を選択したのだろうと感じさせる彼だった。

アメリカではマニュアル (stick-shift) は好事家のもので、めったに売っていないが、Honda Fitはエントリーモデルの廉価グレードとしてManual Shiftが用意されている。千ドル程度割安になる。

 

さて翌日。また呼ぶかと思ったら、一時的にレートが1.4xに上がっている。

動的にレートが上がるのもUberの(俯瞰的にみて)いいところで、儲けられるところは堂々と儲けようとしており、よい。

ただ、「この料金はあと2分で無効になります」と下に小さく出ていたので、そのまま一服して待ってみた。ちなみに「ピーク料金が下がったら通知」という機能もあるが、試してみようとすると、無効になった途端通知してくるのではなく、漫然と30分後に状況を教えてくれる、という機能のようだ。

さて、そろそろ値段も安くなったかな、と見てみると、わー! さらに値上がりしてるよ!
そりゃそうだよね、レートが上がることもあるわけです。

f:id:mrmt:20160312192834p:plain

仕方ない、呼びますか。「同意」を押す。

すると、こんなふうになる。

なるほど、いいUIですね。「2.1倍になるなんて気づかないで押しちゃったよ、知らねえよ」とは言わせない。「2」「1」ってタイプしたでしょあんた、っていう。僕は、正々堂々と儲けようとしているサービスには好感を持つので、仕方ない。

f:id:mrmt:20160312192835p:plain

 

2.1xのUberXがすぐさまテケテケとやってくる。
ホテル名を隠しても、地図で見せてるから意味ないねw

f:id:mrmt:20160312192836p:plain

 

車種はTOYOTA SIENNA.
「アジャイルサムライ」きちんと読んだ人なら知ってるクルマだよね。 

アジャイルサムライ――達人開発者への道

アジャイルサムライ――達人開発者への道

 

広くて気持ちがいい。

目的地近くなると、ルート表示にグラデーションがかかるのか。

f:id:mrmt:20160312192837p:plain

 

気持ちいい晴天! ではまた!

f:id:mrmt:20160312104857j:plain

March 12, 2016 04:00 AM

March 11, 2016

mrmt

HND-SFO-AUS

海外出張。

成田は使い勝手も由来も遠さもひとつとして好きなところがないので、羽田経由で。
羽田の国際線は再びぐいぐい整備されてきていてうれしい。深夜発の便などもあるのがいい。これでこそ国際空港、ぼくが大好きなトウキョウの空港だ。

f:id:mrmt:20160310232133j:plain

f:id:mrmt:20160310234812j:plain

f:id:mrmt:20160310234916j:plain

f:id:mrmt:20160310234859j:plain

チェックインして出国手続きしたあとのエリアにもきちんと喫煙所があるのがいいね。

United Airlineは空軍あがりのパイロットが多いと聞くし、キャビンアテンダントの女性たちも、いわゆるカワイイとか美人とかのたぐいは今までUAで見たことがないが、テキパキとやることをやってくれる屈強な人たちで満足。個人的には、ここにカワイイとか美人とかはほんとどうでもいい。

 

機内の映画は、My InternとThe Martian.

「マイ・インターン」はとても良かった。実に映画らしい映画。ロバート・デ・ニーロがこういう役をやるんだから良いに決まってるじゃないですか。アン・ハサウェイも実にいい。勝ち気で、弱い一面もあり、美人で可愛く、しかしブレイクしたスタートアップのCEO役としての説得力もある。これらのバランスがいい感じに溶けあって現れる。「あーおもしろかった」で楽しめて、楽しい気分以外何も残らない、機内で観る映画としてまさに申し分ない一本。

【Amazon.co.jp限定】マイ・インターン ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付)(B2ポスター付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】マイ・インターン ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付)(B2ポスター付) [Blu-ray]

 

 

「オデッセイ」もまあまあ良かった。なんで邦題がオデッセイなんだろうね。マット・デイモンは、記憶喪失の工作員ばっかやってる役者だなと思ってたら、近年は惑星に取り残される役ばっかだね(インターステラー)。内容は、鉄腕DASH!宇宙編です。悪くはない。 しかし、盛り上がるキメのシーンでStarmanを使うのはやめてくれよ、また…

 

夕方のSFO.
条件反射的に、トランスファー直後に外に出て端っこに移動し、灰皿発見。

f:id:mrmt:20160310174832j:plain

 

ここからの乗り換え便が遅れて、目的地のAUS (Austin-Bergstrom International Airport) についたのは夜中の1時半。

f:id:mrmt:20160311225002j:plain

baggage claimも、なんかアゲアゲで良い。

f:id:mrmt:20160311225003j:plain

f:id:mrmt:20160311225004j:plain

やっと午前2時過ぎに投宿。

March 11, 2016 06:00 PM

masy

3月11日のツイート

さくらインターネットの会員メニューの認証を、2段階認証に出来るようになってた。今年の1月28日から(www.sakura.ad.jp/news/sakurainf…)らしい。 help.sakura.ad.jp/app/answers/de…

posted at 15:23:14

% wget www.internic.net/domain/named.r… -O db.root.$(date +%Y%m%d) ; ln -snf db.root.$(date +%Y%m%d) db.root ; ls -la db.root

posted at 11:34:27

今更ながらDNSのH.ROOT-SERVERS.NETのIPアドレス変更に対応してないマシンがあったを思い出したので、さっくり更新しておいた。

posted at 11:24:14

March 11, 2016 04:33 PM